おしゃれな肌はファンデーションの質感で決まる!“今っぽい質感”とは?

2019-03-26 21:00
  • 服に合わせてファンデーションを選ぶ"逆引き”主義が、おしゃれな肌への近道だった⁉ あなたのスタイルを格上げする、ファッションコンシャスな肌づくりのすべてに迫る! おしゃれな肌はファンデーションの質感で決まる"今っぽい質感”ってどういうことか伺いました。

    教えてくれたのは…
    BAILAのファッション&ビューティを支えるヘア&メイクアップアーティスト
    笹本恭平さん
    旬のファッションに絶妙にハマるおしゃれ感のある顔づくりで、多くのスタイリストさんが信頼を寄せる売れっ子。「おささ」の愛称で親しまれる癒し系キャラ♡
  • おしゃれな肌はファンデーションの質感で決まる"今っぽい質感”ってこういうこと!

  • グロウ
    マット
    グロウ
    マット

    【よりグロウ】肌全体に内からわき上がるつやめきが。

    【ちょいマット】高い部分に光はありつつ、残りはサラリ。

    【ちょいグロウ】ベールを一枚かませたようなつや感。

    【よりマット】やわらかな光のまわったセミマット肌。

  • 「THEマット」「THEグロウ」という極端な選択肢はなくなり、理想の質感が限りなく近づいているこの春のファンデーション事情。その繊細な違いをモノにして、自分のスタイルにベストマッチな肌感を見つけて!
  •  
    あなたはどれを選ぶ?
    【好みのコーデ】×【ファンデーションの質感】
撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini. 〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/谷口 蘭 取材・原文/小川由紀子 ※BAILA2019年4月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords