ファンデーションは【肌の中央のみに塗る】がおしゃれな肌をつくる鉄則!?

2019-04-03 21:00
  • いつものスタイルを格上げする、ファッションコンシャスな肌づくりのすべてに迫る! “おしゃれなムードと大人の女性に必要な美肌感”の両方をかなえる肌づくりのポイントを、ヘア&メイクの笹本恭平さんに伺いました。

    教えてくれたのは…
    BAILAのファッション&ビューティを支えるヘア&メイクアップアーティスト
    笹本恭平さん
    旬のファッションに絶妙にハマるおしゃれ感のある顔づくりで、多くのスタイリストさんが信頼を寄せる売れっ子。「おささ」の愛称で親しまれる癒し系キャラ♡
  • 「主に塗るのは頰の中央のみ=おしゃれな肌の鉄則!」

  • 「僕が主に塗るのは、美肌を印象づける頰の中央の逆三角形ゾーン。そのまわりの顔の中心部分でも、【必要なら】 塗る程度にしています。それより外に広げると、本来影になるべき部分がトーンアップされて"塗ってます感"が出てしまうのでNG。引き算する勇気を!」
  • おしゃれ肌
  • 頰の中央さえ美肌であれば、ほかの部分の肌もおのずときれいに見える!
    今どきのファンデーションなら、この狭い範囲を塗るだけでも肌印象は劇的に変化!
  • おしゃれな肌-2
  • 自然に影になるフェイスライン付近はなるべくさわらない。
    シミやニキビなどの肌トラブルが目立つならピンポイントでカバーを。
  • トップス/スタイリスト私物
  • あなたはどれを選ぶ?【好みのコーデ】×【ファンデーションの質感】
撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/谷口 蘭 取材・原文/小川由紀子 ※BAILA2019年4月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords