スーパーバイラーズ 石本愛衣のブログ
石本愛衣

石本愛衣

会社員

ギフトECサービス「Anny」で商品仕入れとサイト分析を担当しています。
芯が強くて、笑顔が素敵な女性になりたいです!

Instagram|https://www.instagram.com/meiky2424/

【通勤メイク】ポイントはベースとアイメイク!

2018-02-10 18:00
  • お久しぶりです!

    今回は、毎日の「通勤メイク」について。
    みなさん、通勤メイクはどこに1番時間をかけますか?

    私は「ベース」と「アイメイク」。
    ベースがしっかりしていれば、1日中ヨレない美肌をキープできるし、
    アイメイクが綺麗だと、目元がパッと明るくなり印象も◎

    そこで、今日は毎日の通勤メイクで、
    使っているアイテムやこだわっているポイントをご紹介いたします。

    まずは、使っているアイテムがこちら。
  • 左側から
    ブリアンアレーブルエクラ 8|cledepeau beaute
    ショコラスウィートアイズ 016|リンメル
    毛穴つるんとカバー 化粧もち下地UV|コフレドール
    ヌーディーカバーリクイドUV|コフレドール

    まずは、ベースメイクについて。

    コフレドールの下地とファンデーションを愛用しているのですが、
    仕上がりを格段に良くするポイントがコチラ。
  • スポンジを使って叩きこむ。
  • 朝は何かと忙しいので、めんどくさくなって
    下地やファンデーションを手で伸ばしてしまう方も多いのでは?

    コフレドールみたいに伸びの良いファンデーションだと、
    手で伸ばすだけでも十分綺麗に仕上がるのですが、
    やっぱり夕方になると崩れてきます・・><

    そこで、オススメなのがスポンジを使って叩きこむ、という手法。
    私は無印良品のものを使用しています。

    使い方は至って簡単。
    顔にベースをつけて、指で軽く伸ばしたらスポンジで優しく叩きこむ。
    ファンデーションも同様に、やさーしく5分くらいかけて叩きこみます。

    すると、いつもより格段に崩れにくくなりますし、
    なめらかな陶器肌に仕上げてくれますよ。

    ちなみに、「毛穴つるんとカバー 化粧もち下地UV」が、
    本っっっっ当にお気に入りです。

    もともと、肌に厚塗りすることが好きではないので、
    可能な限り下地を塗ってフェイスパウダー、はい完成!で生活していたい派です。

    「毛穴つるんとカバー 化粧もち下地UV」は、その名の通りカバー力がすごく、
    それでいて付け心地がとっても軽い。

    以前は某デパコスのアイテムを使用していましたが、
    試しに使ってみたところ「ん?!これは・・♡」と
    良さに気付きリピート中です。

    そして美白重視の私にとっては、嬉しいSPF50!!
    ・・と、長々と語るくらい「毛穴つるんとカバー 化粧もち下地UV」が大好きです。

    続いてはアイシャドウについて。
    私は、リンメルのショコラスウィートアイズ 016を愛用中です。
    このシャドウをもっと使いこなす+1テクがこちら。
  • アイシャドウ用のブラシを使用する
  • リンメルのショコラスウィートアイズ は、
    細やかなラメと綺麗な発色が特徴的。

    少し粉っぽいのですが、密着力がとても良いです。
    指や付属のチップでつけるより、専用のブラシでつけると、
    ひと塗りで均一にしっかりと色付きます。
    ちなみに私は、無印良品のブラシを使用しています。

    通勤メイクでは、ベージュっぽい番明るい色は涙袋に。
    そして上から3番目なビターな色を1色ぬりしています。

    つけるたび、ほんの〜り甘いチョコレートの香りがしますよ^^
  • 仕上げにリップは、cledepeau beauteのブリアンアレーブルエクラ 8。
  • リップグロスなのですが、オイル感がとっても強くウルウルな仕上がりに。
    見た目は結構な赤に見えますが、実際につけると血色感の良い赤に・・♡
  • 唇にフィットするよう、ブラシが螺旋状になっています。
  • ・・・メイクをし終わるとこんな感じ。
  • 他にもアイブロウやチークやアイラインも施しますが、
    1番時間をかける or 寝坊をしても欠かさないのは

    ・ベースメイクはスポンジを使って叩きこむ
    ・アイシャドウは専用ブラシを使用する

    です。

  • ぜひ、皆様も試してみてくださいね♡
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords