スーパーバイラーズ 小林寛子のブログ

小林寛子

小林寛子 Hiroko Kobayashi

法律事務所 (paralegal)

from 大阪

最近は、ファッションもライフスタイルも引き算へシフト中。
お仕事や生き方のアイデアは毎日ひとつ足し算できるように、出逢いを大切にしています。

ボストンテリアとの日常はinstagramで☆→http://instagram.com/piroco.dub

良いものをすこしずつ。MACKINTOSH(マッキントッシュ)のライダースジャケット。

2018-04-25 12:00
  • 30歳を過ぎてから、「お洒落になりたい」という気持ちは、「スタイルを持ちたい」にシフトしました。
    相変わらず洋服が大好きなので、雑誌を見たりお店をのぞけば、あれも欲しい!これも着てみたい!という欲求は止まらないのですが(笑)
    身に着けるものだけではなく、インテリアや、食べるもの、健康のことも、どう選んで暮らしていくか。生き方にスタイルが表れているような大人になりたいなあ、と。

    すこしずつ、そんな自分を理想に。

    ・・・なんてことを考えていた今年のはじめ、とあるセレクトショップで見つけたライダース。
  • きりっとした黒も、触れるとハッとする柔らかなレザーも、かなりの存在感でした。
    タグを見ると・・・
    ん?MACKINTOSH(マッキントッシュ)??
    あのゴム引きコートの?
    私の中では、永遠に、最高に、スタイリッシュなコートのブランドというイメージ(特に男性が着ているのは素敵♡)なので、レザージャケットも作っていることが新鮮で、試着をしてみました。
  • 実はずっと欲しくて、今まで何度かライダースと言えば!なブランドのものを試着してきました。
    うーん、なんかちょっと違う。
    かっこいいイメージのライダースは自分には似合わないってことだろうな・・・
    とそれまで思っていたのに、袖を通した瞬間、あれ?いい!!!って。びっくり。

    ベルトなしのボックスシルエットなのに、シャープな感じで上品さもあって。
    真冬でもぐるぐるストールを巻けば、すごくかわいいかもしれない。
    あのスカートにも、あのワンピにもいい感じ・・・!
    試着して店員さんとお話ししていると、自分のワードローブがあれこれ回って、これは5年後も10年後も似合うと言われたい!と。
    値段は張りましたが、すごく良い買い物をしました。
    (センスの良い店員さんとお話ししたことも大きいなあ。)
  • 寒暖差のある今の時期にピッタリで、ノースリーブや半袖にばさっと羽織って通勤したりもします。
    ずっとこれでいいってくらい気に入っています。
    そんな服との出合いは最高!
    大切に、私の定番に育ててスタイルのある女性になれるといいなあ。
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords