スーパーバイラーズ 鈴木 園子のBlog
鈴木園子

鈴木 園子 Sonoko Suzuki

会社員

初めまして☺︎

好きなモノ・コト♡
アートとクラシック
読書とワイン
着付けと茶道
乗馬と旅行
ヨガとテニス

そんな私がお届けする、ファッションとコスメと趣味と、
日々のちょっとした出来事を綴ったコラムみたいなブログです。

instagram:@sonyon329

本日は、お日柄もよく

2016-10-03 08:00
  • 本日は、お日柄もよく_1_1
  • 涙で文字が滲み、なかなか読み進められなかった本でした。
    昨日、やっと読み終わりました。

    私はとても感銘を受けた本だったので、こちらに感想を少し。

    言葉の持つ力を、小さい頃からずっと信じています。

    一度だけ、小学生の頃の事ですが、私は心臓病で入院した経験があります。
    主治医の先生に、「絶対治るから大丈夫だよ、頑張ろうね。」と声を掛けてもらったその一言で、未来へ生きる希望がもてました。

    その一言のおかげで、辛い闘病生活も終わり、リハビリも乗り越え、今、元気に生きています。

    やりたいと思っていたことは言葉に出すと叶う。
    とよく言いますが、アレも本当だと思います。
    "言葉に出す→引き寄せる→叶う"
    そんな方程式があるように思います。

    言葉にはそんな不思議な魔法の力が宿っていると私は信じてるんです。

    この本の主人公の「こと葉」はスピーチライターの仕事をしています。
    そんな訳で、本の中には沢山の良い言葉が詰まっているのですが、

    その中で1番心に響いたフレーズがこちら。⇩

    「困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、
    想像してみるといい。
    3時間後の君、涙が止まっている。
    24時間後の君、涙は乾いている。
    2日後の君、顔を上げている。
    3日後の君、歩き出している。」


    私もちょうど今こんな風にもうダメかも…というような感じなのですが、笑

    どんなに辛い時も、悲しい時も、もうダメだと思う時も、ずっと続く訳じゃなくて、
    いつかまた楽しい日も笑える日も来るんだったなぁと。

    なんだか勇気をもらえるフレーズに、読んでいてどんどんやる気になってきました。

    人は誰かの言葉に励まされ、また前を向いて長い人生を歩んでいく。まっすぐに。

    言葉というものの力は強力です。誰かを傷つける刃物にもなるし、誰かを守る盾にもなれる。
    だからこそ、伝えたい想いがあるのなら、その時に、言葉に込めて伝えなくては。

    ぴったりな言葉を選んで、自分の想いを相手に素直に伝えられる人になりたい。
    誰かの何かのキッカケになれるような一言を、気付いて掛けてあげられるような人になりたい。

    …読み終わって、背筋を伸ばしながらそう思い直しました。

    読書の秋にぴったりな、一冊。
    秋の夜長にぜひ手に取って欲しい、勇気が出る一冊です。
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords