エディ・レッドメイン来日イベントに潜入!

2016-03-10 22:00
  • 『レ・ミゼラブル』での来日インタビューから5年余り。今やアカデミー俳優となったエディ・レッドメインが再び日本にやってきた! エディの成長を目撃&応援すべく、実話を元にした主演作『リリーのすべて』のプレミアに(自力の一般人枠で)潜入しました。
  • エディ・レッドメイン来日イベントに潜入!_1_1
    レッドカーペットでファンサービスをしたエディ・レッドメイン。©amanaimages
  • レッドカーペットの抽選は約20倍、プレミアのチケットは日本最大規模の約850席が7分で完売。3月10日に有楽町TOHO日劇で行われた『リリーのすべて』のプレミアイベントは、アカデミー俳優エディ・レッドメインと監督のトム・フーパーが登場するとあって、ただならぬ熱気に包まれていた。満場の拍手のなか会場に現れた二人は、客席の中ほどで立ち止まり「こんばんは! トムです!」「こんにちは! エディです! ありがとう!」(グッと力強く親指を突き出す)と日本語で挨拶。トム・フーパー監督はステージに上がってマイクを受け取るなり、間髪入れずに来日への喜びと歓迎への感謝を述べた。
    この日のエディは、ラルフ ローレンのダークグリーンの三つ揃い。客席には、アレキサンダー・マックイーンのコバルトブルーのドレスに身を包んだ身重の妻ハンナ・バグショーの姿も。
  • エディ・レッドメイン来日イベントに潜入!_1_2
    画家の主人公が、自分の中に息づく女性に目覚める様子を繊細に表現したエディ。(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 映画『リリーのすべて』は、今から80年以上も前に世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人リリー・エルベの実話に基づくストーリー。実は、本作の台本をエディが初めて目にしたのは、同監督の作品『レ・ミゼラブル』の撮影中のことだったそう。トム監督は12年前から準備していたこの作品の台本を、革命に燃える若きマリウス役でバリケードのセットの上にいたエディに、「何も言わずに、とにかく読んで感想を聴かせてくれ」と、茶封筒のまま手渡し! 脚本を読み終わったエディは、「本当の自分として生きようと願う主人公の姿や、深遠なラブストーリーに心を撃たれ」トレーラーを飛び出し、監督の元に駆け出したという。「いつクランクインするんだ? 早くやろう」と急くエディを、「まぁ落ち着きなさい、エディ」と諭したという監督。二人がこの物語の撮影に漕ぎ着けるまでに、さらに4年の月日が費やされることになる。
  • エディ・レッドメイン来日イベントに潜入!_1_3
    妻ゲルダ役でアカデミー賞助演女優賞に輝いた、アリシア・ヴィキャンデル。(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 本作でアカデミー助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルの話になると、「彼女は女優としても人間としても本当に素晴らしい人だ」と表情を輝かせたエディ。実際に演技をしながらのオーディションの際、待てど暮らせどカットの声がかからないので、振り返ると監督が涙にくれていた。「その姿を見て、彼女がゲルダ役に決まりだな」と確信したという。
  • 今回の来日は滞在期間も長く、観光を楽しむ余裕があるという嬉しそうなエディ。時差ぼけで早朝4時台に目覚めたので、張り切って妻とともに築地市場に出かけたものの、残念ながら観光客が入場できる時間ではなかったとか。気を取り直して霧混じりの明治神宮を堪能した後、「世界一混雑している」と評判の渋谷スクランブル交差点を見物に。「早朝の5時だったので、とてもすいていたよ」と会場の笑いをとっていた。
  • エディ・レッドメイン来日イベントに潜入!_1_4
    エディ・レッドメイン主演、トム・フーパー監督作『リリーのすべて』。(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • エディが「20世紀最大のラブストーリー」と評し、監督が「僕の他の作品とも共通する、本当の自分になるための障害を、愛に支えられて乗り越えるというテーマを感じてもらえたら」と語る『リリーのすべて』。会場では何かにつけて親指をグッと突き出していたちょっとやんちゃなエディが、作品中では見違えるように儚く優雅にリリーを演じていたのが印象的でした。2016年の3月18日公開の本作については、あらためてこのコーナーで紹介したいと思います! 
  • エディ・レッドメイン来日イベントに潜入!_1_5
    今回の来日では、力強く「グッ」とするポーズを連発! ©amanaimages
作品名:『リリーのすべて』
公開表記:2016年3月18日(金)
配給:東宝東和
画像クレジット :(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
レイティング:R15+

文/長田杏奈
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords