レオ降臨♡ソフトな鏡開きとジェントルなファンサービス

2016-03-24 11:00
  • 今やオスカー俳優となったレオナルド・ディカプリオ。渾身の受賞作『レヴェナント:蘇えりし者』を引っさげた彼が、全世界を周るプロモーションの最終到着地点に選んだのは、長年の相思相愛関係にあるここ日本! 最愛のママが見守る中、ファンの熱狂に迎えられたスターの凱旋レッドカーペットの様子をリポート。
  • 長年に渡るファンのサポートに心から「アリガトウ!」

  • レオ降臨♡ソフトな鏡開きとジェントルなファンサービス_1_1
    「レオー!」の歓声のなか、じっくりたっぷりファンサービスをしたレオナルド・ディカプリオ。
  • 「長年の素晴らしいサポートに心から感謝します。20年以上に渡るキャリアを、ずっと応援してくれている日本のファンの元に、この特別な作品を携えてくることができたことが本当にうれしいです」。3月23日に、東京・六本木ヒルズのアリーナで行われた『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア レッドカーペットセレモニー。舞台脇までぎっしりとファンで埋まった会場を見渡し、レオは誇らしげな笑顔で「アリガトウ! Thank you very much!」と呼びかけた。スピーチはそこそこに、「レオー」という大歓声と絶叫の中を、ゆっくりと時間をかけてファンサービスしながら歩くレオ。その姿は、後光がさして見えるほどの神々しさ!
  • 鏡開きはソフトタッチめ。お揃いのマスで乾杯!

  • レオ降臨♡ソフトな鏡開きとジェントルなファンサービス_1_2
    「コングラッチュレイション レオ!」コールで鏡開きした、レオナルド・ディカプリオ。
  • レオの悲願であったアカデミー賞主演男優賞を祝って行われた、鏡開き。会場の「コングラッチュレイション レオ!」コールとともに、小槌をそっと振り下ろすレオ。無事、鏡は開かれたものの、ちょっと勢いが優しすぎたような……。感想を訊ねられ「割れて飛び出すんじゃないかと心配だったんだ」と、意外に慎重派な一面を見せた。さらに、「レオさん、アカデミー賞受賞おめでとう」の司会者のかけ声にあわせ、「おめでとう」と(レオとお揃いの!)マスを掲げたファンと記念撮影。会場は晴れ晴れとした祝賀ムードに包まれた。

  • そんな息子を誇らしげに見守るレオママの姿を発見!

  • レオ降臨♡ソフトな鏡開きとジェントルなファンサービス_1_3
    息子レオナルド・ディカプリオの勇姿を動画におさめるママ(右)。
  • 熱狂的な歓迎を受けるレオの姿を、熱心に動画におさめるレザージャケットの女性にご注目頂きたい。この女性こそ、レオが愛してやまないママその人である。気づいたファンが「ママー」と呼びかけると、嬉しそうに手を振り返し、写真撮影にもにこやかに応じていた。ママ、レオをこの世に生んでくれてありがとう!
  • さらに、レオを見守る俳優エイドリアン・ブロディも発見!

  • レオ降臨♡ソフトな鏡開きとジェントルなファンサービス_1_4
    友達なの? 出演はしてないけれど、会場を訪れたエイドリアン・ブロディ。
  • そして、なぜか会場には俳優のエイドリアン・ブロディの姿も。本作には出演していない彼も、レオをお祝い。洒脱な身のこなしで、呼びかけたファンにのセルフィーやサインに応じる紳士的な姿が印象的だった。
  • 冷え込む会場。でも、撮影中のレオを思えば耐えられる……

  • レオ降臨♡ソフトな鏡開きとジェントルなファンサービス_1_5
    マイナス5度の雪原で裸になったり、川に飛び込んだレオナルド・ディカプリオ。(C)2016 Twentieth Century Fox
  • 桜がチラホラ開花しているとはいえ、冷たい風が吹きさらす屋外の会場で待つこと2時間。冷気が身にしみたが、撮影中にレオが耐えた寒さに比べたら軽いものと耐える気に。記者会見で「極寒の中、体を張って頑張って作った思い出に残る作品」とコメントした通り、CGやスタントを極力使わず、自然光で撮影された本作の撮影は相当に過酷なものだったという。マイナス5度という環境の中、裸になり、雪に埋まり、川に飛び込んだレオ。その極限状態を思えば、六本木ヒルズの12度は天国といえるだろう。
  • 最高のスタッフが贈る、極限のサバイバル劇を目撃せよ!

  • レオ降臨♡ソフトな鏡開きとジェントルなファンサービス_1_6
    レオナルド・ディカプリオの鬼気迫る演技を、是非劇場で!(C)2016 Twentieth Century Fox
  • 一時は休業宣言をしたレオが、休みを切り上げて出演を切望した『レヴェナント:蘇えりし者』。監督は、昨年の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』に続き、本作で2年連続でアカデミー監督賞を受賞したアレハンドロ・G・イニャリトゥ。カメラマンは、同じく3年連続でアカデミー撮影賞の栄光に輝いたエマニュエル・ルベツキという最強の布陣! レオが演じるのは、瀕死の重傷を追い、仲間の裏切りで最愛の息子の命まで奪われた男。怒りと復讐の念を胸に死の淵から蘇えり、容赦ないサバイバルの旅に立ち向かう主人公を演じるレオの鬼気迫る姿、絶対に劇場で目撃したい!
▼公開情報
・タイトル:『レヴェナント:蘇えりし者』
・公開表記:2016年4月22日 TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー
・配給表記:20世紀フォックス映画配給
・著作表記:(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
・公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/revenant/

文/長田杏奈
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords