リリー・ローズ・デップ。ますます若い頃のヴァネッサ・パラディに激似!

2016-05-16 22:00
  • 5月11日から22日の期間で行われているカンヌ映画祭。審査員長が映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で復活ぶりを印象づけた監督のジョージ・ミラー、さらにマッツ・ミケルセンや女優のキルスティン・ダンスト、そしてヴァネッサ・パラディなどが審査員をつとめることでも話題となっています。
  • photo from Instagram@lilyrose_depp by Lily-Rose Depp
  • 今回のカンヌ映画祭に登場している女優、俳優陣のなかでもとくに話題を振りまいているひとり、ヴァネッサ・パラディと俳優ジョニー・デップの娘、リリー・ローズ・デップ(リリー・ローズ・メロディ)。母ヴァネッサの若かりしころを彷彿とさせ、かつジョニー・デップの持つ深い目元をうけついだ彼女が、ここにきてますますその美貌を開花させているのです。
  • photo from Instagram@wildbunchdistribution by Wild Bunch Distribution
  • じっとこちらを見つめる印象的な目。この映画の前にも作品『Yoga Hosers(原題)』にて父ジョニー・デップと共演するなど女優業にも意欲的に取り組んでいるリリーは、とはいえまだ16歳という若さ。今後がますます楽しみです。
  • photo from Instagram@soko by SOKO
  • ブランドの顔もつとめるシャネルのドレスに身をまとい、並み居るベテランの女優&俳優たちに引けを取らない存在感を見せているリリー・ローズ。海外メディアでは「まるで映画『アラジン』に出てくるジャスミンのよう」と評価された美しいドレスです。出演した映画『ザ・ダンサー(原題)』では、伝説のダンサー、イサドラ・ダンカンを演じ、共演者のSOKO(写真中央)とのラブシーンなども話題に。
  • photo from Instagran@wildbunchdistribution by Wild Bunch Distribution
  • ちなみにSOKOは、つい先日、女優のクリスティン・スチュワートとの破局が話題となってしまったフランスのミュージシャン/アーティスト。彼女が演じるのは19世紀末から20世紀初めに活躍したアメリカ人ダンサーであり、振付家のロイ・フラー。イサドラ・ダンカンとの関係を中心に描かれるこの作品は、カンヌ映画祭の「ある視点」部門に出品されたフランス映画です。
  • photo from Instagram@festivaldecannes by Festival de Cannes
  • リリー・ローズの母であるヴァネッサ・パラディは映画祭の審査員のひとりです。やはり似ていますよね~。43歳のヴァネッサは、かつても今も「コケティッシュ」を体現しているような人。ブランドのミューズとしてフロントローに招かれるなど、ファッション界からもリスペクトを集めています。
  • 若いころのヴァネッサ・パラディ (c)ZUMA Press/amanaimages
  • 上の写真が若かりしころのヴァネッサ・パラディ。リリー・ローズは若さプラス今の時代性たっぷりですが、かつてのヴァネッサも、彼女にしかもてない雰囲気がしっかりと漂っていますよね♡

    いずれにしてもBAILAセレブチームとしては、リリー・ローズの今後の活躍に期待がつのるばかりです。
文/絵都針子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords