レディ・ガガ、おなかぽっこりもなんのそので魅せたスーパーボウル、ハーフタイムショー!

2017-02-07 19:30
  • 大舞台はガガに任せておけば大丈夫!というアメリカの方程式が、2017年もしっかりと生きていた!
  • 最後の曲を歌っているときのガガ。おなかがちょっとぽっこり(c)Sipa USA/amanaimages
  • 準備万端!な様子をインスタにポストしていたガガたん。そう、現地時間2月6日の夜(日本では7日の朝)開催された「NFL スーパーボウル」のハーフタイムショーに登場したのは誰あろう、レディ・ガガ! ニュースでたくさんとりあげられているので、すでに皆さん、ご存知ですよね。
  • Poker Faceなどヒットメドレーが始まる! (c) Sipa USA/amanaimages
  • まずは屋上からしっとりと、力強く“God Bless America”と歌い上げ、マイクを通じて“One under God, indivisible with liberty and justice for all”とメッセージを伝えたガガたんは、そのあとステージに飛び降ります。
    詳しくは実際の映像をぜひ観ていただきたいのですが、そこからはガガならではの力強いパフォーマンスが続きます。Poker FaceやBad Romanceといった彼女のヒット曲のオンパレード。もちろん衣裳もパフォーマンスもThis is GAGA!といった感じ。
  • (c)Sipa USA/amanaimages
  • 屋上から飛び降りたかと思ったら、今度は宙乗り。演舞場での歌舞伎を見るかのごとく、映画『ミッション・インポッシブル』のあの有名なシーンのように、天井から吊られながら華やかに大胆なフライング。きらびやかな衣裳はヴェルサーチとのこと。さすがです。
  • 激しいパフォーマンスのあとはピアノに向かい、Million Reasonsを歌うガガたん。途中ご両親への呼びかけもあったり、と、この大舞台を誇りに思っている様子がうかがいしれました。グラミー賞にノミネートされているジャスティン・ビーバーや前夜祭でのパフォーマンスを担当したテイラー・スウィフトではなく、なぜ今ここでガガ?と疑問に思う視聴者もいたようですが、圧巻のステージを任されれば任されるほど輝く彼女。やはり適任なのではないでしょうか?
  • ダンサーに囲まれてのBad Romance (c)Sipa USA/amanaimages
  • そして、彼女がこの日披露した曲のひとつがBorn This Way。ありのままの私を肯定するメッセージを体現するように、従えたダンサーも多様だったガガのパフォーマンス。体の中からわきあがるパワーをおさえるのが困難、というかのように歌詞のひとつひとつを外へ向け、体を思い切り動かし、テレビなどを通じて世界中の多くの視聴者に届けようとしたのがとても印象的でした。
  • そんなガガに感動したのか、女優のリース・ウィザースプーンも自身のインスタに早速感想を投稿。#Mondaymuse とガガのことを表現してました。
  • 思えば昨年2016年のスーパーボウルは、ビヨンセ、ブルーノ・マーズ、そしてコールドプレイでした。その前はケイティ・ペリー、その前はビヨンセ・・・と歴代のパフォーマンスはとにかくパワフル! 次の週に開催されるグラミー賞授賞式を前にして、歌とダンス、パフォーマンスの力強さを「ハーフタイム」で見せるアーティストたちの力に脱帽です。
  • ちなみにこの試合、第51回スーパーボウルは、ニューイングランド・ペイトリオッツとアトランタ・ファルコンズの、まさに歴史に残る大試合に。「スーパーモデル・ジゼルの夫」という冠言葉がもはや必要のないスーパースターである、QBのトム・ブレイディらの活躍もあってペイトリオッツが勝利! あのパスが通っていなかったら、あのボールを地面すれすれでキャッチすることができなかったら、といくつものタラレバを経て、史上初の延長戦での勝利は、アメフトに詳しくない筆者が見ていてもドキドキ楽しめる内容でした! 未見の方は、ハーフタイムショーとともに試合もぜひ再放送などでご覧ください!

文/絵都針子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords