注目ブランド「ebure」で、いざ妄想ショッピング!

2017-05-20 18:00
  • 2017年春夏にフルアイテムをそろえデビューした、注目ブランド「ebure」(エブール)。これまで「ADORE」や「BODY DRESSING」などを手掛けてきた酒井典子さんがディレクションを務め、2016年秋冬にアウターを発表したプレローンチから徐々に、そして確実にファンを増やしています。

    私もその一人。大人の余裕、遊び心、潔さを感じさせる雰囲気があり、服の力を実感させてくれるデザインに、初見でほれてしまったのでした。

    そんなebureの秋冬展示会へ。せっかくなので、妄想ショッピングに勤しみながら拝見します。

    まず目に飛び込んできたのは、トレンチ型のコート。端正な雰囲気、長めの丈、落ち感、襟のちょっとした立ち具合、エポレットの位置、、うーん、早速ツボ! 脳内お買い上げ1点目!
  • お値段¥120,000(税別)。流行問わず使えて10年選手期待大。
  • 入口すぐに展示されていた3体のトルソー。シンプルな中にも、柔らかな女らしさ、上質さ、品の良さを感じます。

    マニッシュなダブルのジャケットは、細身かつお尻の隠れる長め丈。一着あればどんなフォーマルシーンにも自信をくれるはず。もちろん、白Tシャツ×デニムなんてカジュアルな着こなしの上にバサッと羽織っても格好いいだろうな~

    か、可愛いっ! この秋冬はヴィヴィッドな色味がいつもより多く出ていて、地味知らずのシーズンになりそう。きれい色にも慣れてきたし、一歩攻めてこんなパキッとカラーを投入したい。落ちた肩、チャーミングな丸い襟ぐり、サイドのスリットに前後丈を変えた立体デザイン……脳内判決出ました、これ、買います! ¥46,000(税別)也

    小物のセレクトも素敵すぎる。おしゃれ心に刺さる、ベーシックと効かせ、無地と柄、フェミニンとマニッシュ……相反する要素の幅広さが、自分が目指したいスタイルのイメージを豊かにしてくれる気がします。

    アウターからスタートしたブランドだけあって、コートの形が本当に美しい! 何着買ってもまた欲しくなるくらいネイビーチェスターが好きなので、もちろんこちらの一着にもときめきセンサー発動しまくり。すねにかかるロング丈ながらスッとした細身で、クールな表情の中にも女らしさを残して。クロゼットにあるいろんなネイビーチェスターが頭をよぎりますが……これも……買い!¥96,000也

    今年の秋冬はチェック柄が豊富。コート、パンツ、タイトスカートが並ぶ一画に惹かれました。落ち着いたトーンのオレンジと、きれいなブルーがさりげなく効いています。

    繊細な総レーススカートと、秋口に活躍しそうなロングジレ。シックな黒でともに雰囲気満点。もう、あれもこれも可愛くて目移りが止まりません。レーススカートが¥86,000、ジレが¥82,000。……両方買いで! と言いたいですが、脳内とはいえしっかり吟味した結果、ジレに軍配が上がりました。

  • あれもこれも、可愛すぎるーー! と脳内ショッピングの結果……”買い判定”が出たのは、トレンチ型コート、ネイビーチェスターコート、ピンクニット、ロングジレ。

    お会計、しめて¥344,000、消費税を入れて¥371,520! ハイ、リアルに即お買い上げ~、というわけにはもちろんいきませんが、「今自分が惹かれるものを真剣に考えて、それはいくらで手に入るのか」を知れました。安くていいものを探すというのもショッピングの醍醐味ですが、”いいものを奮発して手に入れ、大事に長く使う”という喜びもアラサーならでは。手に入れるために、なりたい自分に近づくために。頑張って働こーっと! (編集やまみ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords