秋の新作バッグで自腹買いするなら…【超個人的欲しいものリスト】

2017-07-08 20:00
  • 大雨が降ったと思ったら、カンカン日照りだったり、街は真夏に向けてダッシュし始めましたが、ファッション業界では秋の展示会がほぼ終了。ざっと秋物情報が出そろったところで、秋のファッション特大号の撮影や取材が始まっています。そんな中、わたくし、副編ナカディが撮りためた写真の中から、秋のバッグを自分で買うなら……という視点で、見直してみました。全部のアイテムを撮影できていないのと、写真が下手すぎて使えないものもあったので、かなり偏りもありますが、超個人的見解の自腹買いリストをご紹介します。
  • プラダの新作トート。通常は服の内側についているタグをあえて表に飾ってます
  • ざっと見直してみて、思ったこと。それは、今年のバッグは機能的で見ためも今の気分に合いつつもシンプルで、使いやすそうなものが多いなぁということです。

    例えば、このプラダのレザートート。同行した編集N(身長は小柄)に持ってもらったところ、大きすぎず小さすぎずのベストバランスなサイズ感です。薄くて軽くて柔らかいレザーの質感もいい。持ち手も華奢でフェミニンな印象も。肩掛けできる長さもあって使いやすそうです。内側にファスナー仕切りもあるので、デイリー使いに最適。通勤にも便利だけど、プラダの高見え感と、がっちりしすぎない軽やかなデザインで、オフの日にも持ちたくなる。そんな持つシーンが浮かんでくるものでした。

    そのほか、コーチで出会ったリバーシブルトートは、なんか持つだけでこなれたカジュアルな人になれそうなバッグ。 ニューヨーカー気分で颯爽と歩く自分を妄想できちゃうという、ありがたいバッグです。

    実は秋はトートバッグ人気が完全復活する予感というくらいの充実ぶりで、欲しいものリストがありすぎて困るほど。
  • 色が素敵♡なコーチのトート。大人っぽくて洗練されたムードが漂うグレージュカラーのショッピングトートは、レザーとスエードのリバーシブルで、カジュアルにもエレガントにもアレンジできそう。質感と色が好き♡

    マイケル・コース展示会にて。なんてことないシンプルな形に、かえって心ときめいて。きちんとした着こなしにも似合うけど、こういうバッグをカジュアルに合わせたら、ぐっと洗練された大人に見えそう。大事なものをしまえるファスナーパートもあって、使いやすさは確実。飾り気なさがかえって素敵です。

    今回驚いたもののひとつがコレ。マーク ジェイコブスのレザートートなんですが、なんと5万円台。安くはないけれどリアリティのある価格に俄然物欲が刺激されました。旬のマスタードのものは外ポケットにポーチもつくデザイン。

    マーク ジェイコブスのトートの内側もお見せしちゃいます。斜めに仕切られていて、収納スペースも有効活用できそう。こちらはボルドーのもの

    こちらもマーク ジェイコブス。惹かれた理由は、このくたっとしたソフトレザーの質感でした。シンプルな形と柔らかさと実用性。これが個人的に響いたポイント。このキャメルカラーがお気に入りです

    クールな気分で持ちたくなるのが、こちらのロエべのレザートート。なぜ卵(oeuf)なのかは謎ですが…。カジュアルシーンをかっこよくしてくれる相棒になりそうなバッグです

    自分にごほうびをするなら、こちら。セリーヌのフォールコレクションのものです。洋服のチェック柄が苦手な私ですが、バッグや小物ならチャレンジできるかも……タータンチェックのフェルト素材も可愛い。本当に上手く使いこなせるか、もうしばらく検討する予定。でも欲しいなぁ♡

  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords