センスのいいカスタマイズが簡単に♡【ミュベール】厳選アトリエが面白い

2017-10-14 20:00
  • クロゼットを秋冬モノに衣替えしていると出てくるのが、かつてのお気に入りの服や小物たち。当時はヘビロテしていたのに、今の気分にはしっくりこなくて、でも捨てられずに取ってあるものってありませんか? ミュベール本店のGALLERY MUVEIL(ギャラリー・ミュベール)店内にできた『ATELIER COLLAGE(アトリエ・コラージュ)』では、そんな気持ちに寄り添ったサービスを開始。
  • 昔の洋品店をイメージして作られたレトロムードの『アトリエ・コラージュ』。
  • ミュベールというブランドの目を通して厳選されたワッペンやボタンや刺繍によるカスタマイズで、自分好みにコラージュする楽しさを手伝ってくれるんですって。
    カスタマイズって気にはなるけれど、変になるならやらないほうがマシと思って手を出せなかったけれど、プロの手を借りられるなら話は別です!
  • もともと刺繍使いやワッペンやモチーフ使いが大人気のブランドだから、そのセレクト眼は確実。銀座の老舗「ミタケボタン」のボタンや、スパンコールやレースのワッペン、刺繍糸やデザイン図案もそろいます。

    アトリエ・スタッフにその場でリメイクの相談にのってもらうだけでなく、パーツの購入もできるのが嬉しい。ご夫婦で来店されて男性がミリタリーブルゾンにつけたいとワッペンを購入して行かれたりしているそう。

    たしかに気の利いたワッペンをアイロンでつけるだけなら、私でもできそう、とテンションが上がります。
  • 個人的に目がくぎづけだったのが、壁際に飾られたワッペンのコーナー。こういうワッペンって、可愛いものを探すのが大変。これだけ厳選されていたら、あとは好きなものを選ぶだけでOK!

    可愛いので寄ってみました。TシャツやGジャン、ポーチなどにつけるだけで気分が上がりそう! 大小取り混ぜて選ばれているのも嬉しいところです。

    『ミタケボタン』の中でも、ミュベールらしいレトロでポップなボタンをセレクト。これからならシンプルカーデのボタンを付け替えても楽しそう。

    こんな美しいレースリボンの販売も。どんな風に使えばいいか、相談にのってもらってもいいかも。

    自分で刺繍するためのグッズの販売もありました。手前のお花刺繍は、最近ギャラリー・ミュベール内で大人気の刺繍家・田口あゆみさんによる刺繍教室の題材だったものだそう。

    思わず刺繍をしたくなるグッズの数々。

    ネコやウサギの耳付きのものも発見。こんな可愛いセレクトはミュベールならではでテンションが上がります。

    タオルや日傘などに刺繍してカスタマイズすることができる。すでに刺繍済みのものも販売している。さらにイニシャルなどを加えることも可能だからギフトによさそう。

    イニシャル刺繍の文字図案表。ミュベールで購入したアイテムには好きな文字を選んで刺繍してもらうこともできるそう。

    家庭科を思い出す刺繍糸も、色とりどりでそろっている

    こちらは、愛用ミュベール商品“ヴィンテージ・ミュベール”を使ってリメイクし生まれ変わらせてくれる「Reborn my muveil」の一例。デザイナーの中山さんのイチゴ柄スカートをリメイクしたもの

    こちらもフラミンゴ柄のアイテムをクッションに作りかえたもの。柄が可愛いミュベールのアイテムがこんな風に再利用できるなんて!

  • 「アトリエ・コラージュ」での小さなカスタマイズに加えて、手持ちのヴィンテージ・ミュベールのアイテムを甦らせるサービス「Reborn “my muveil”」も面白い。出番が少なくなっていたミュベールアイテムの生地やパーツを使って,新たなアイテムに作り替えるというもので、本当の意味で、自分オリジナルのものを手にすることができるんです。

    「一度ハサミを入れてしまうと戻せないので、じっくり相談して進めます」とのこと。実例として飾られていた、デザイナーご本人の私物をリメイクしたトップスやクッションなども、見応えたっぷりです。カーディガンやニットの裾に長さの異なったチュールのヴェールをつけてくれるサービスも。

    服への愛情があふれるミュベールの試みの数々。同じ服好きとしては、心から応援したい! というか自分もカスタマイズしたい!
    誰でも入れるから、ぜひ見に行ってみてください♡(副編ナカディ)
  • 大人気のグランマチャームもお待ちしております!
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up