小バッグに【ちいさいふ】もいいけど【薄財布】という選択肢も。

2017-10-21 18:00
  • ミニバッグの人気が続く中、財布を小さくしたいという需要も高まって、空前のブームとなりつつある【ちいさいふ(小さい+財布)】。確かに小荷物派を自認するライターEさんのコーチの巾着バッグの中にも入ってましたよ(それにしても、荷物が少ない!)。

    でも、一方で思うわけです。「お札って、折り曲げると運気下がるんじゃないの?」

  • ライターEさんの小バッグの中身は、たったこれだけ!
  • これまで、何度となくお金が貯まる財布といったテーマを作る中で、よく言われるのが、「札は折らないで」「札の向きをそろえて」といったお言葉。

    じゃあ、どうすればいいんだ‼︎

    そんな時、小さいふブームとは別に、長財布のままコンパクトにするためのアイテムが増えていることに気がつきました。
  • 【A.D.M.J.の薄々財布】筆者が欲しい!と気持ちが盛り上がったのが、こちら。お札はすっきり入るサイズながら、マチがなくてすっきり。ファスナーもないのが、薄型なのに収納力を確保できる理由。

    【A.D.M.J.薄々財布】裏返すとコインなどを入れられるポケットが、ちゃんと付いてます。マチもあるから、けっこう入れられる。表と色の異なるレザーの2トーン使いなのも洒落ている。

    【A.D.M.J.薄々財布】秀逸なのが、内側。カードがしっかり入れられる。一般的な長財布と同等の収納力があるのがスゴイところ。内側の色もテンションの上がるオレンジ! 運気も良さそう(笑) こちらは秋冬展示会で見せていただいたものですが、定番として展開しているもの。このほか色違いもいくつかあるそう。

    【ルリア4°C】ビジュー付きのお財布などが人気のブランドでも、薄型長財布を発見。こちらもファスナーではなくかぶせのタイプで、すっきりシルエットを実現。

    【ルリア4°C】フタを開けると、内側にファスナーパートがあり、コインなどを収納できる。エンベロップ型で、洗練された雰囲気も素敵です。中身に応じてフタの位置をずらせるようにスナップボタンが2つ付いている。

    【FENDI】憧れブランドからも手のひらサイズのものが登場。外側にカードポケットが付いていて、必要十分な収納力。ハンドステッチが特徴のハイクオリティなセレリアシリーズのもの。こちらは、先日の2018SS展示会の新作です。

    【A.D.M.J.財布機能付きバッグ】2017/18秋冬展示会で出会った、ハイスペックなバッグがこちら。毎シーズン素材を変えて登場しているバッグで、旅行の時などは、これ一つあれば日中も夜も対応すると、大人気なんだそう。

    【A.D.M.J.財布機能付きバッグ】2つ付いているファスナーの一方を開けると、中身はまんま長財布。お財布付きだから、財布いらずで出かけられます。大きめのスマホも無理なく入れられるサイズ感も使いやすい。ロングショルダーだけでなくハンドルも付いていて便利。

    【A.D.M.J.財布機能付きポシェット】手前にさりげなく置いてあった薄型のポシェットが、実はスゴイ奴でした。かさばらないサイズ感で、この見た目だけでも便利そうですが‥‥。

    【A.D.M.J.財布機能付きポシェット】ファスナーを開けると、中には財布機能が!カードポケットが長財布ばりについてます。もちろんファスナーパートも。中の色使いが明るいのも嬉しいポイント。

    【FURLAのマイクロバッグ】トレンドのイエローカラーがまぶしいフルラの秋冬アイテム。細いショルダーは脱着可能で、クラッチ持ちもできる。かなりコンパクトサイズ。

    【FURLAのマイクロバッグ】開けるとスゴイんです。蛇腹式で収納力たっぷり。カードスペースやファスナーパートだけでなく、フリースペースも充実。スマホはもちろんリップやアクセサリーをしのばせてもすっきり♡

  • 財布を薄くするだけでも、実は様々なバッグに入れやすくなるし、いっそ、財布を持たないという選択肢もアリ。今後電子マネーも増えるだろうし、現金収納よりカードスペースを重視した作りも現代的!

    新たなアイデアアイテムが出てくるから、選ぶ楽しみもひろがりますね。(副編ナカディ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up