秋イチに買いたいアイテムはパーカーに決定♡【展示会まとめ】

2018-08-04 20:00
  • 暑すぎて夏モノにも飽きてきて、秋冬展示会で撮った写真を振り返りつつ、秋物を物色していたら、改めて気がついたことがあったんです。

    それは、この秋はニットよりまずパーカーを買うと便利そうということ。
  • ロンハーマン展示会にて
  • 今年の秋は90年代のストリートテイストを取り入れたファッションがトレンドなんですが、キャップやロゴ、ハイテクスニーカーなど、大人の女性にはカジュアル感が強くてちょっとハードルが高かったりするんですよね。そこに、フード付きのスウェットパーカーなら、さりげなく気分を取り入れられます。
  • トレンドだけじゃない、パーカーが使える理由もあるんです!

    それだけじゃない。パーカーのほとんどがコットン素材だから、秋から投入しやすく、一枚で着映え。さらに、季節が深まってきたらインナーにシャツを合わせたり、薄手タートルカットソーや薄手タートルニットを着ても新鮮。もっと寒くなったら、ジャケットやチェスターコートのインナーに合わせてみて。
  • 展示会で見つけた素敵なパーカーがこちら。
  • emmi(エミ)のビッグシルエットのパーカーはまさに最旬!
    肩ラインも落ちたドロップショルダーで身頃は幅も長さも大きめ。メンズのものを借りてきたかのようなサイズ感が、今っぽい一着。フードもボリューム感たっぷりなのが素敵です。鮮やかな赤はオフの日の気分を上げてくれそう。

    黒パーカーで大人顔なドゥーズィエム クラス
    シックなモノトーンコーデをパーカー投入で新鮮に見せてくれたのがドゥーズィエム クラス。ボリューム感のある上質なパーカーだから、ニットに負けない存在感が。 インにシャツを重ねたコーデも新鮮。

    あらゆるパーカーを展示していたロンハーマン
    色のトーンを揃えた展示がステキなロンハーマンも今年はパーカー推し。あらゆるカラーでパーカーが出ていました。ここにも、こんな鮮やかなレッドが。

    スポーティすぎないニュアンスブルーが素敵だったロンハーマン
    写真ではほとんどグレーに見えてしまいますが、実物はグレイッシュブルー。なんとも絶妙な色出しで、繊細さが香ります。カジュアルすぎるものが苦手な方は、こういう彩度低めのカラーパーカーがオススメです。

    ビッグシルエットのゆるさも今年らしさのポイント
    こちらもロンハーマン展示会から。長め丈のゆるっとしたパーカーを柄ワンピースに合わせて。夏に大人気だったワンピースは、こんな重ね着で着こなすと、まだまだ使えます。

    鮮やかコートのインにも渋カラーのパーカーを
    トラディショナル ウェザーウエアの展示にもパーカーが使われていました。パーカーとスカートのトーンを合わせたワントーンコーデにすることで、カジュアルが大人顔に。真冬になったら、さらにストールぐるぐる巻きで、首回りモコモコにするのも可愛い。

    アダム エ ロペからはコーデュロイのパーカーが登場
    コーデュロイ作りの名手である福田織物とアダム エ ロペ がコラボしたパーカーは上質な太畝コーデュロイのもの。スウェットで飽き足らない人に、差がつく一着。

    FRAY I.D別注、チャンピオンのパーカーは先手必勝!
    何度洗ってもへたらず、スウェットといえば、チャンピオンと言われるほど。この名品スウェットパーカーにフレイアイディーのおしゃれエッセンスが加わったとあれば、見逃す手はない!完売必至ですよ。

    話題のチェックジャケットと重ねたロペ
    スポーティさをこなれて見せてくれるのが、ジャケットやチェスターコートといった、きちんと見えアイテム。手持ちのものに重ねるだけで、今年らしいムードになれます。

    鮮やかな色はコスパブランドがねらい目
    この山吹色のようなこっくりイエローはミラ オーウェンのもの。リーズナブルな価格なら、こんな鮮やかな色もチャレンジできそう。ビッグシルエットなのも今年顔。

    秋も人気継続の派手ピンクも、パーカーで投入
    春夏に大ヒットした、青みの強い派手ピンクは秋もまだまだ継続。秋はパーカーで投入して、カジュアルシフトするのかおすすめ。これはユニクロユー展示会で見かけたもの。去年のユニクロユーのメンズのスウェットパーカーの褒められ率が高かったので、今年も買おっかなぁと思案中です。

  • パーカーのいいところは、一枚でも、重ねても使えて、しかも今年らしく見せてくれるところ。去年のコートや春夏のスカートやワンピースなどの手持ちアイテムも、パーカーを着るだけで今年顔に変わるから、オススメですよ。(副編ナカディ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords