カルティエの新作時計は目が回るほどエレガント!

2016-04-09 21:00
  • そろそろ本格的ないい時計が欲しい、とはアラサー世代の女性たちからよく聞く言葉です。なかでも欲しい時計の筆頭がカルティエの時計。長く時計担当をしていた私ですが、知り合いの時計ブランドのPRの方から「カルティエは、いい時計を作りますからね~」と聞いたことがあります(余談ですが、時計業界の素敵なところは、ライバルであってもお互いにリスペクトしあっている、ということを感じられるところなんです)。時計という機械としても、見た目の美しさも、ファッション的な観点からも、すべてにおいて、気になる存在なんであります。そんなカルティエから、2016年の新作が登場ということで、さっそくチェックしてきました!
  • 右からピンクゴールドのMM、SMモデル
  • 2016年のウィメンズの新作は、HYPNOSE(イプノーズ)ウォッチ。「幻惑される」という意味の言葉を名に冠した時計は、2つのオーバルシェイプで、まさに眩暈を起こさせるような渦の重なりを形にしているジュエリーウォッチ。カルティエのオーバル型時計といえば、スタイリストのサトカナこと佐藤佳菜子さんも愛用している「ベニュワール」が、エレガンス派にとっての代表的な選択肢だったわけですが、今回の「イプノーズ」は、新たなチョイスとして注目なんです。サイズはSMとMMの2サイズを展開していて、アリゲーターストラップが手元をさらにエレガントに導きます。
  • 楕円形のフェイスのセンターには繊細なギョシェの彫刻細工がなされています。
  • ぐぐっとフェイスに注目してみれば、カルティエらしいローマン数字と、繊細なギョシェ(彫刻細工)が施されているのが分かります。正面から見ると、2つのオーバル型が渦のように見えますよね。
  • サイドから見るとケースの立体感を堪能できる。
  • サイドから見ると、絶妙なバランスで段差があり、より立体的な表情を見せます。身につけると、時間を見るたびに目に入るので、作りの繊細さや美しさに嬉しくなりそう。オーバル型というと、甘くなりがちなイメージもありますが、カルティエのオーバルは、「イプノーズ」にしても「ベニュワール」にしても、モダンさが際立っているのが素敵なところ。角型の時計が好きだったけど、オーバルも捨てがたい! ますます迷ってしまうのです。
    (副編ナカディ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords