おしゃれ上級者は手元より首もとの重ね付けに移行中!

2016-05-05 21:00
  • バングルやブレスレットを重ねづけする手元のおしゃれが流行中ですが、秋に向けては、首もとにポイントが移行しそう。アクセサリーメーカー大手のヴァンドームの展示会でチェックしてきました。
  • グランマティックの新作はチェリーモチーフ。
  • ミュベールのデザイナーの中山さんが手がける、グランマティックは、ヴィンテージタッチなビジューやパール使いが人気のブランド。秋の新作には、可愛いけど落ち着いた色合いのチェリーもチーフや、ビジューネックレスが充実してました。アクセ業界では、ネックレスはチョーカーなど短めが増えているそうで、短め+おそろいのイヤアクセ、短め+ロングの重ねなどがオススメだそう。
  • 短いものと長いものの重ね付けも新鮮。
  • ビジューの重ねワザ。色を合わせるとエレガントさが際立ちそう。
  • モチーフものと、パール、きゃしゃめな重ねワザ。
  • ケイタマルヤマで気になったのは、月や星のモチーフのもの。大きなモチーフのロングペンダントと細めのネックレスを重ね、さらに、パールネックレスを重ねる。一見相性がいいの?と思いそうだけど、色合いが合っているせいか、違和感はなく素敵に見えます。
  • スターモチーフも人気が出そう。チョーカーやラリエットとロングネックレスで。
  • 星もチーフのシリーズでは、ラリエットやチョーカーも登場。パールご地金の組み合わせが上品で、ポップなモチーフも大人っぽい表情に見えます。こうして見てみると、重ね付けのポイントは色合わせにありそうです。秋が待ち遠しくなるけれど、まずは、手持ちの地金ネックレスに重ねるところから初めようかな。(副編ナカディ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords