日本を楽しむ! 新宿にできたビームス ジャパンの面白さ

2016-04-27 22:00
  • 地下1階、地上7階。4月28日が実際のオープン日なのですが、前日のレセプションパーティには、これでもかというくらいの招待客でごったがえしておりました。それだけ注目度が高い「ビームス ジャパン」のオープニングなのです。編集Uや編集Kも投稿していますが、私たちBAILA編集部も多くのスタッフがオープニングにむかいました。
  • ノベルティのバッグと店内でもらえるBEAMS JAPAN GUIDE BOOK
  • レセプションのお土産に、デニム素材のトートバッグと店内ガイドブックをいただいたのですが、プリントされているのは日本を感じさせるエンブレム的家紋のような絵柄。先日ようやくオリンピックとパラリンピックのシンボルマークが決まりましたが、そのニュースを思い起こさせるような「和」なマーク。
    店名にも「ジャパン」とあるように、このビームス ジャパンは日本の面白さを「モノ」で表現した館、という印象で、海外からの旅行客もすごく楽しめるに違いない!という感じ。日本各地のおしゃれなスーベニール、日本人デザイナーがてがけた“無骨”で“素朴”でいながらファッショナブルな服や靴もモリモリ。
    店内でもらえるGUIDE BOOKを読むと、各フロアの構成がきちんとイラスト入りで解説されていて、このブックだけでも一見の価値アリ!です。
  • チャリティーTシャツも販売されています
  • 写真が黄色いママですみません。日本各地、というだけあって、北から南までさまざまな都道府県の「へえ、こんなものがあるんだ!」という民芸品的なアイテムが1階で買えるのですが、なかには熊本を応援したい!というくまモンをフューチャーしたTシャツも。
    他にも東北地方は、ヒバの木をつかった芳香剤だったり、静岡はKAWAI楽器の小さなピアノだったり、沖縄のラー油とかジャンルもいろいろで、毎回行くたびになにかを買ってしまいそうで、お財布のひもがゆるむフロア(笑)です。
  • さくま製菓のいちごみるくを使ったバッグ
  • 1階を眺めていてふと目に留まったのはこちらのバッグ。なんとサクマ製菓の大ヒットお菓子「いちごみるく」の包み紙柄なんです。欲しい!と思ってお値段を聞いたら、わりと大人な価格(手前は7000円くらい)だったため、本日は断念しましたが、うーん、かなり欲しいです。
  • お土産でいただいたいちごみるくbyさくま製菓
  • ちなみにこれがいちごみるく。店内にもあって、かつ、お土産でもいただいてしまいました。大好きないちごミルク・・・1970年からあるんですね。パッケージも少しずつ変わっている気がします(ホームページをみたら、やっぱりそうでした)。ソフトな甘さで、大好きです。子供のころ、包み紙の中にボールペンで♡マークを書いて、で、小さくたたんで、くじ引きみたいにして皆で引いて、でハートマークをひいた人はあたり!なんて遊びをしたんですが、その場にいた誰も「私も!」と言ってくれなかったのがちょっぴりさびしかったですw.

    なんとなく下にサクマ製菓さんのホームページのリンクを貼ってみますね。
  • エレベーターの壁に書かれたフロアガイド
  • フロアガイドを見ていただくとわかるように、ビームス ジャパンで買えるのは服だけじゃないんです。編集Uが詳細なレポートをアップしていますので、そちらもぜひごらんください。

  • NIKE エアプレストやエア ハラチも
  • はっと気づいたら服の写真を全然撮っておらず。それは編集Uの投稿をご覧いただくとして、私は赤と白のカラーリングのみを集めたスニーカーコーナーが目をひいたのでそこを撮ってみました。白と赤のハイカットのコンバースもありましたし、NIKEのエア ハラチ ウルトラブリーチや、エア プレストも。後ろ髪ひかれながらその場をあとにしました。
  • とにもかくにも、日本の底力のほんの一部なのかもしれませんが、こうやってみることができて楽しめて、買って(食べたり飲んだりして)おうちにつれて買えることができるお店があるのは、いいな~と思いました。新宿、ニュウマンもできましたし、またまた盛り上がってきていますので、東京におこしの際はぜひ立ち寄ってお買い物をしてみてくださいね。

    (副編Y)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords