梨花のブランド「LI HUÀ」で見つけた、うっとり秋冬アイテム

2016-09-22 18:15
  • 昨年の9月に名前を「LI HUÀ(リーファー)」に変えて、新たなスタートを切った、梨花のオリジナルブランド。代官山の「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」は、カフェも含め人気が続いていますよね。
  • 新作はどれも「うっとり」要素を持ったもの。たとえばこのジャケットは、ハンサムなアイテムでもあるテーラードジャケットの袖にチュチュをはかせたようなデザインが目をひきます。
    ただのジャケットじゃない、ところはパーティや結婚式の二次会などに使いたくなる華やかさ。おそろいのパンツにピンヒールでエレガントに見せてもいいし、インにキャミソール型のワンピースを合わせて、足元はメンズライクなレースアップ、なんていうジェンダーミックスもよさそうです。お値段は12万6000円。買ってずっと長くきて元をとりたいプライスですね。
  • 一生もののムートンコートもありました。着るもの、見るもの、さまざまなものにこだわりを持つ梨花ならではの素材選び、シルエット選びが感じられる一着だな~というのが第1印象でした!
  • 9月下旬ごろ入荷予定だというこちらのニットも、展示会で人気のアイテムだったそうです。おそろいのニットショートパンツがあるあたり、梨花ちゃんっぽい!と思ったのですが、もし買っても私は家でしか履けないかな・・・。ですが、こういうアイテムがあるのって、なんだかワクワクします。
    ニットは中央にケーブル編みがほどこされ、パッと着るだけで絵になることを約束してくれそうな1枚。公式サイトで確認したところ、お値段は49680円でした。
  • 大好きなブランドで、服も靴もバッグもそろえてみたい!と思うことってよくありますよね。LI HUAにもバッグ、ありました。人気の巾着タイプ。シックなトーンは着こなしをぐんと秋冬に染めてくれそうです。お色は他にもありましたよ。
  • リブニットにはまっている、そんな皆様にはこちらのワンピースもおすすめ。リブニットワンピースは、オフの日にぴったり。これにライダースを羽織れば女子会にも行けそう。個人的にはノースリーブが苦手なのですが、平気な方はぜひ! やわらかなベージュトーンと明るいブラウンの展開だそうです。
  • 最後に、展示会が行われたとき(数ヶ月前なのですが)に会場で撮らせてもらった1枚。彼女が着るとどんなアイテムも息をしているように見える、というか、おしゃれって、着こなすって、サマになるって、こういうことなんだな~と刺激を受けます。梨花のおしゃれエッセンスを感じに、またお店にいってみようと思います。

    (副編Y)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords