”エンフォルドのジョッパーズ”が改めてまたすごい理由

2016-07-09 18:00
  • 2012年のデビューから「大人の脚をきれいに見せてくれる」と瞬く間にヒット! その後も進化を続けるエンフォルドのジョッパーズ。もはやひとり1本は当たり前で、2本、3本と持っているおしゃれプロも。その秘密は、【ワンツーコーデが決まる】シルエットの美しさにありました!
  • 写真はすべて本誌’16.7月号より
  • ライターの道端さんは、首のつまったTシャツをコンパクトにインして。スニーカーをあわせても足首がちらりとのぞき、きれいなバランスをキープ。

    腰まわりのタック、背面だけのウエストゴム、つかず離れずの脚まわりなどなど、とにかくシルエットにこだわっているそう。なんと1ミリ単位で計算済み。

    この定番ジョッパーズはいろいろなタイプが出ているのですが、なんとワンシーズンに5000本売れるんですって!(驚)
  • 体が女らしくきれいに見えて、モノトーンでも地味知らず
  • スタイリスト上村さんは定番の黒を。「Tシャツやぺたんこサンダルとあわせてもカジュアルになりすぎず、どこか女らしさが」。ストンときれいな落ち感で、太さや形の脚悩みをオールクリア。白T×黒パンツの超シンプルコンビがここまで素敵って、すごい!
  • ワンツーコーデがサマになるのは、なによりシルエットが美しいから
  • スタイリスト松村さんも「ストレッチが効いていて、撮影の準備など動き回る日にも重宝。合わせる足もとで印象自在で便利です」とお気に入り。肩が落ちたグレートップスで、ぐっと女っぽく。忙しい朝もコーディネートに悩まずにすみそう。
  • 黒は二代目、ネイビーもあります。
  • かくいう私も何度買い換えたかわからないくらいのリピーター。×Tシャツ、×カットソーでサマになるパンツって、この時期あると絶対便利! まだ7月も上旬なのに、うだる暑さにおしゃれ心がくじけそうな時、ぜひ思い出してみてくださいね。(やまみ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords