5泊6日の国内旅★ 【回るスーツケース】で着回し力を鍛える!

2017-05-01 10:00
  • 5泊6日の国内旅★ 【回るスーツケース】で着回し力を鍛える!_1_1
    GW旅のワードローブに迷ったら、BAILA5月号掲載、絵美里の着回しシアターをチェック!
  • 旅は、少ないワードローブでコーディネートのバリエーションをあれこれ見せなければならないから「着回し力を鍛える」にはもってこいのチャンス♩ 今回は、発売中のBAILA5月号掲載の連載【絵美里の着回しシアター】から、5泊6日で九州は福岡&長崎旅行へのお出かけを仮定して、主力ワードローブを7点スタンバイ。旅先で動きやすく、おしゃれでこなれたコーディネートを実践します。
  • 【回るスーツケース】のマストアイテムはこの7点!

  • 5泊6日の国内旅★ 【回るスーツケース】で着回し力を鍛える!_1_2-1
    5泊6日の国内旅★ 【回るスーツケース】で着回し力を鍛える!_1_2-2
    5泊6日の国内旅★ 【回るスーツケース】で着回し力を鍛える!_1_2-3
    5泊6日の国内旅★ 【回るスーツケース】で着回し力を鍛える!_1_2-4
    5泊6日の国内旅★ 【回るスーツケース】で着回し力を鍛える!_1_2-5
    5泊6日の国内旅★ 【回るスーツケース】で着回し力を鍛える!_1_2-6
    5泊6日の国内旅★ 【回るスーツケース】で着回し力を鍛える!_1_2-7

    A【アウター:ネイビーダブルジャケット】この時期の九州はすでにコート要らずの気候。アウターもジャケットレベルの薄さでOK。トラッドからマリンまで、振り幅の広いネイビーが大活躍の予感。¥87000/マディソンブルー ヘッドストア(マディソンブルー)

    B【羽織りもの:きれい色カーディガン】ジャケットがベーシック色なので、きかせアイテムとしてもきれい色カーディガンはマスト。ほかのワードローブから浮かずにひき立つグリーンが使えそう。¥23000/スローン

    C【トップス:やわらかホワイトブラウス】ジャケットのインに着ても、シャツほど堅くならず、Tシャツほどカジュアルすぎずに、ほどよくやわらかな印象になれるとろみブラウスが正解。一枚で着ても女っぽく仕上がります。¥12000/スローブ イエナ 渋谷店(スローブ イエナ)

    D【グレーのリブニット】ベーシックな薄手のリブニットは、オンもオフも使える優秀トップス。どんなボトムに合わせてもすっきり着やせして見えるのもうれしい。¥25000/フレームワーク ルミネ新宿店(メゾン シャントワーズ)

    E【パンツ:ワイドデニム】ジャケットともカットソーとも相性のよいデニム。スリット入りのワイドタイプで今年らしいコーデにアップデート。¥12000/スローブ イエナ 渋谷店(スローブ イエナ)

    F【スカート:ウエストコンシャスフレア】ギャザー仕立てでウエストに特徴を持たせた長め丈スカート。どんなカラーもマイルドに中和するベージュも着回しに大活躍する色。¥33000/クルーズ(エリン)

    G【ワンピース:リラックスボーダーニット】リラックス感あふれるニットワンピースは、ジャケットのインはもちろん、一枚で女らしく決まるから大活躍。¥16000/アバハウス ドヴィネット 渋谷マロニエゲート銀座1店(アバハウス ドヴィネット)

撮影/渡辺謙太郎<MOUSTACHE> ヘア&メイク/中村未幸<roraima> スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/絵美里
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords