男子ぶっちゃけ座談会で判明! 絶対モテない【女の勘違い服】7選

2017-11-14 10:00
  • 私たち大人の女性誌はよく「モテ服」を特集します。なぜって、アラサー世代にリアルにニーズがあるからです!!! モテないよりモテたほうが、毎日ハッピーですものね♪
    でも、BAILA読者250人に聞いてみたところ「実際モテるのって、肌みせやピンクやレースなど“甘い服”を着ている子!? でも正直イタくなりたくなーい!!!」ともやもやしている模様。年相応のモテ服選びに、若干迷子ぎみのアラサーさんが大変多いようですね。
  • 「モテるでしょ!」と思って女子がガンバって着ている服、はたして男子に伝わってる!?
  • たとえば、写真のようなオフショルダーやデコルテの開いたVネックなどわかりやすい肌みせ服や、モヘア、レース、リボン、フリル、ピンクそして花柄などがいわゆる“甘めでモテる服”と女子が思っているアイテム。もちろん大人ですから“やりすぎはイタい!”ことはじゅうぶん自覚しています。でも、メンズたちの印象は正直いったいどうなんでしょう?
    そこでBAILAでは、同世代男子200名に緊急キキコミ! 実際に写真を見てもらいながら、本当に甘い服が好きなのかどうか、ぶっちゃけ語っていただきました!
  • 女子の思い込みVS男子の本音が露呈! 正直メンズが困る服7選
  • 【モヘアのニット】ふわふわの素材感で「思わず触れたくなるでしょ!?」と期待を込めて女子がまといがちNo.1ですが「え、フツウ...」とごく薄い反応の男子多数。「体のラインが見えるほうがずっと好き」「Vネックなど、肌がちょっと見えるデザインなら◎」なんですって。

    【レースづかいの服】繊細なレースづかいのブラウスやタイトスカートはきゃしゃで可愛らしい女性の魅力が出せる服! と思いがちですが「男性は下地を透けさせる着方をしないので“え、これ見えていいの?”と気をつかっちゃいます」という意見アリ。

    【肌の露出がある服】オフショルダーや背中あきなど、大ヒット中の肌みせ服。わかりやすい色気がモテに直結するかと思いきや「中に着ているキャミソールのストラップなどが見えていると“しまって!”と思う」「背中の半分以上があいていると大胆すぎる」など、やりすぎは禁物。

    【リボンが主張する服】服の目立つ位置に大きくついたリボンは「さすがに子どもっぽい」と不評。しかし、ベルトや袖口、バッグ、靴など、小さい面積やさりげないものなら「可愛い」か「そこまで気づいてなかった...」のどちらか。男子って鈍感!?

    【大きすぎる袖コンフリル】こちらも大ヒット中の袖コントップスですが「ボリュームがありすぎるデザインは“おしょうゆつけないでね!”と食事中も気が気じゃない」のだとか。デートや合コンで着るなら、さりげない控えめ袖コン程度にセーブしておきましょう。

    【濃すぎるピンクの服】愛されカラーの代表かと思いきや「顔に近いトップスやワンピースなどで着られるとすごい圧力を感じる」らしいです。パステル系などでトーンをやわらげるか、顔から離したボトムやシューズなどで取り入れて。

    【大きすぎるフラワー柄】たとえ落ち着いた色合いであっても、大きすぎたり、カラフルすぎる花柄は「見ていて落ち着かない」とネガティブ意見が。小花柄やモノトーンに抑えましょう。

  • いかがでしたか? 座談会を通じて担当エディターが終始感じたのは「なにごとも“やりすぎ”は印象ダウンにつながるんだなあ...」ということ。大好評発売中のBAILA12月号には、この座談会をもとに男子ウケ服を徹底検証した特集「『甘い服』がモテるって本当ですか?」を掲載しています。実際メンズにモテる服はどれなのか!? 気になる方は、ぜひ本誌をチェックしてみてくださいね♪
撮影/中澤真央、草間大輔<impress+> ヘア&メイク/YUMBOU<ilumini.> スタイリスト/石田 綾 モデル/岡田彩芳・池谷優美(スーパーバイラーズ) ※クレジット掲載のないものはすべて私物です
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up