年末年始のセールで狙うべき、5年以上着られる【ネオ・ベーシック服】8選

2017-12-27 10:00
  • 2017年もいよいよあと残りわずか! みんな大好きセールシーズンの到来です♪ お買い物計画を立てる前に、大掃除の機会を利用して、ぜひ手持ちのワードローブ&クロゼットの見直しをお忘れなく。自分に本当に必要な服や小物を上手に買い足したいものです。
    今回は、大好評発売中のBAILA1月号に掲載中の特集「あなたのクロゼット、8着にミニマル化します!」のなかから、年末年始に買っておくといいアイテム8選をお届け。
  • 押さえるべきポイントは下記3点。
    ① 手持ちのワードローブとのコーデが3着以上すぐ思い浮かぶ。
    ② ①が今っぽく、おしゃれに感じられる。
    ③ 5年以上着られそうな上質感&タイムレス感を持っている
    試着して自分に似合うことはもちろんですが、この3点をお忘れなく。ではさっそくアイテムをチェックしてみましょう。
  • セールで買っておくとトクする、ネオ・ベーシックアイテム8選
  • 【あったかリッチなムートンコート】「値段が張るものこそセールシーズンに賢くゲット」は鉄則。ベーシックで上質なコートゆえ値下げしないショップやブランドも多いですが、見かけたら即試着を! ブラウンやベージュ、ネイビーなど、ブラック以外のカラーのほうがしゃれ見えするのでおすすめです。

    【上質ロングチェスターコート】トップスもボトムも、2017年はきれい色アイテムが大ヒット! 冬も活躍させたいなら、ネイビーのコートが一枚あると全身のカラーバランスが一気にまとまり、着回し力が格段にアップします。ちょっと大きめサイズのメンズライクなチェスタータイプなら着膨れ防止にもなります。

    【一枚サマ見えカーディガン】はおりとしてはもちろん、フロントボタンを閉じれば一枚でVネックニットのように着られるタイプのカーディガン。抜群に着回しが効くので絶対買いです! 写真のようなブラックやネイビー、グレーなどベーシックカラーを狙えば、着回し力はさらに倍増します。

    【きれい色ニット】ビビッドもパステルも、2017年はきれい色アイテムが大ヒットしましたが「やっぱり苦手ーーー!」という方も多いと思います。セールシーズンにこそぜひ一着手に入れてみて。イチ推しは日本人の黄み肌に似合うといわれる濃いめのレッド。妥協せず試着して、自分に似合う色を見つけてみて。

    【腰高ベルテッドワイドパンツ】2017年秋冬の大ヒットアイテムですが、2018年春以降もパンツはワイドシルエットがトレンドの主流のよう。おトクに手に入るシーズンに買っておいて損はなし。ベーシックなトップスにプラスするだけで旬の着こなしが楽しめます。

    【ヘムラインの長め丈フレアスカート】ふくらはぎくらいの長めレングスがスカートトレンドの主流ですが、この傾向は来春以降も続きそうです。着やせも着映えもダブルでかなえる、腰高ウエストラインからふわっと広がるボリュームたっぷりきれい色タイプが狙い目。

    【ハイライズのブラックデニム】股上の深さや裾のあしらいなど、シンプルに見えて実は毎シーズン&少~しずつトレンドが変化するのがデニム。セールを利用して買い足すなら、ノンorワンウォッシュ程度の濃色で、ハイウエスト&股上深め、切りっぱなし、ストレートシルエットなど、今っぽさを押さえたものをチョイス。

    【巾着タイプのミニバッグ】バッグのトレンドは引き続きミニ化していますが、なかでも2018年の主流になりそうなのが巾着タイプ。コロンとしたシルエットで、マチがしっかり広く手持ちの長財布が入るサイズを見つけたらぜひ購入しておいて。カラースエードならさらに◎。

  • いかがでしたか? トレンド感の高いアイテムをおトクに買うのも正解ですが、使える予算には限りがあるため、2018年春以降のトレンドも見据えながら、手持ちのワードローブと照らし合わせ、できるだけ長く着られそう&着回せそうなアイテムを選ぶのが、セールシーズンに勝利するコツ。ぜひお試しくださいませ!
  • そして大好評発売中のBAILA1月号のお買い上げもお忘れなく! 年末年始のイベントシーズンに今すぐ着られる大人の華やかコーデをモリモリご紹介&ダブル付録つき! 鏡リュウジ先生監修の「A&B面占いBOOK」と、小田切ヒロさん監修の「piro's 小顔かっさ」のダブル付録つきで、とってもおトクな号となっています。ぜひ、書店orコンビニでお手にとってご覧くださいませ♪
撮影/坂根綾子、森脇裕介 スタイリスト/吉村友希、小川ゆう子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/絵美里 ※掲載されているのアイテムはすべて私物です。参考としてご覧ください
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords