【しまむら】ダウン風コートを絶対¥2000に見せない着倒し3コーデ

2018-01-20 13:00
  • この冬は、街ゆく人々の【ダウン(or中綿)コート】着用率が、例年に比べてますます高まっている気がしてなりません。もともとダウンは、機能や素材を追求すればするほど高額になっていく高級コート。しかし、ユニクロやGU、無印良品などの日本ブランドを中心に、なかなかハイクォリティなものがリーズナブルな価格で手に入るようになって、日本全国はもちろん世界中に一気に普及しました。一般的なウール製のコートに比べ、一度袖を通すと、その軽さと温かさに驚き「気がついたらダウンばっかり着ている!」という方も多いのではないでしょうか?
  • しかし、仕立ての特性上、どうしてもスポーツorアウトドアテイストに偏りがちなため、ただ「温かいから」といって無意識にはおるだけでは、限りなく“おしゃれ感ゼロ”状態に陥ってしまうのがこの手のタイプの悩ましいところ(泣)。しかも、同じデザインが大量に出回っているため、ほかの人との“かぶり”も気になってしまいます。
    年末年始のセール期間を利用して、ハイエンドからローエンドまで、たくさんのダウンコートをパトロールしましたが、なかなか「コレ!」というものがなく。しかし意外にも【しまむら】で、中綿タイプのこちらのジャケットを発見しました。中綿なのでまあ「半天」みたいなものですが(笑)、軽さも温かさもダウンと遜色なし。大きめのシルエットや、バルーン状にふくらみながら落ちる背中のラインも今っぽく、しかも¥2000という価格破壊状態でしたので即決。なにより、黒以外の色を選ぶことで、ほかの人との“かぶり”がたぶん絶対ありません!
    そこで、こちらのジャケットを使い「#しまバレ」せずにどこまでおしゃれに着倒せるのか、手持ちワードローブを使ってチャレンジしてみました!
  • 結果:むしろ「どこで買ったの?」と聞かれまくるモテジャケットだった♪

  • 【① 同じブルートーンで全身統一】
    明るめのロイヤルブルーが、BAILA人気No.1のベーシックカラー、ネイビーワントーンCDの明度を引き上げて華やかなムードに。ちなみに定番のロングブーツは、今季ならミディアム丈のフレアスカートで覆い隠すスタイルがよいと思います◎。

    【② ×グレー配色で合わせてみる】
    同系色以外で合わせるなら、イチ推しはグレー! ユニクロのリブニットタイトスカートにはおってみました。ザラのグレンチェック柄キャスケットに、バルマンのハラコフラットシューズでCDにメリハリと奥行きを足すアクセントに。

    【③ デニム×スニーカーもワントーンCDで】
    カジュアルすぎに転びがちなダウン(風)ジャケット×デニムの休日CDも、同じブルートーンで全身をまとめれば大人っぽく! インに着たパーカやスニーカー(ちなみにNロゴもネイビー)で白をきかせれば、冬特有の重たい印象を回避できます。

  • いかがでしたか? まとめると、ダウンor中綿コートを安っぽく見せず、こなれ風に着こなすために押さえるべきは下記3点です。
    ① アイテム選びに留意(マットな質感で、キルティングがあまり細かくないもの)
    ② 全身で使う色数は3点以下でキープ
    ③ スポーツテイストはできるだけコートのみに絞る
    お手持ちのワードローブでも、セールを利用して買い足す場合も、ダウンor中綿コートを着るときはぜひ、以上3点を念頭において、温かいおしゃれを楽しんでみてくださいね♪
取材・文/沖島麻美 撮影協力/千葉啓子 ※掲載されているのはすべて私物です。また、プライスや在庫状況は2018年1月初旬時点での情報で、ブランドやショップによっては予告なく変更になる可能性があります。
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords