着回せる【5大無地Tシャツ】とおしゃれな16のワードローブ仲間たち

2018-06-27 13:00
  • 夏のワードローブのスタメン【無地Tシャツ】。通勤スタイルから週末の遊びコーデまで着回せる、シンプルだけれどしゃれ感抜群の最強Tシャツ5タイプと、それと好相性なパンツ・スカート・ジャケット・アクセ&シューズ16選を一挙ご紹介!
  • 着回せる5大Tシャツの条件は“ゆるさ”&“女っぽさ”
  • 「Tシャツはピタピタよりもどこかゆるっとしたサイズ感やデザインを選ぶこと。そのほうが大人の体はきれいに見えるし、今っぽいこなれ感も出ます。加えて、胸元のあきや色、素材感などに女らしさがあるものなら、通勤服にも着回しやすくなります」(スタイリスト安西こずえさん)
  • (左から)大人の女性から熱烈な支持を集めるエイトンは安西さんもお気に入りのブランド。投資する価値のある一枚。¥14000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) 今のムードを感じさせる赤みブラウン。¥6800/エストネーション(オーラリー) クールさが持ち味のニュアンスグレー。¥6800/メゾン イエナ(オーラリー) 王道の白Tは、きれいめに着られるディテールにこだわって。¥18000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス) 伸びのよいリブTシャツは着こなしに変化をつけるために一枚あると便利。着ればわかる美シルエットでファンの多い人気ブランド。¥9000/メゾン イエナ(ヤング アンド オルセン)
  • Tシャツと合わせたい、最強ボトム&はおりもの&小物
  • 【コンサバムードの白ワイドパンツ】
    働く女性の通勤Tシャツコーデに、バランサーとして断然頼れるのが白パンツ。¥20000/エストネーション

    【黒のヒールパンプス】
    メタルモチーフ&ヒールという強めな女っぽさが、Tシャツを通勤コーデに格上げ! ¥103000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)

    【ベージュの腰高ワイドパンツ】
    ベーシックカラーとしてこの夏人気のベージュ。何色に合わせてもこなれる便利カラー。ウエストインすると即こなれたムードに。¥15000/トゥモローランド(マカフィー) 

    【ブラウンのストラップサンダル】
    やわらかなスエードの質感と太めのTストラップが履きやすく、安定感もあり、余裕のある女らしい足もとへ。¥54000/アマン(ペリーコ)

    【ビビッドピンクのフレアスカート】
    ボトムでインパクトのある色を投入するとコーデに変化がつきやすい。ビビッドピンクなら甘すぎず小粋に。¥16000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 

    【ピンクのフラットシューズ】
    ポインテッドトゥ&細ストラップでキャッチーな女らしさをプラス。¥49000/アマン(ペリーコ)

    【シックなドット柄スカート】
    レトロムードたっぷりのドットプリントのスカート。ハリと光沢感のある素材で大人っぽく着こなせる。ベルトつき。¥18000/マイストラーダ

    【トレンド直球! PVCサンダル】
    太ヒールのサンダルもPVC素材で一気に今っぽいムードへ。¥17000/ロペ マドモアゼル

    【インディゴストレートデニム】
    すっきりフォルム&濃色ならTシャツ合わせでもきれいめに。¥48000/デミルクス ビームス 新宿(マディソンブルー)

    【デニムショートパンツ】
    夏らしいメリハリバランスを作るショーパンは、ゆるTシャツにぴったり。週末の気分転換コーデに。¥20000/セオリー

    【デニム素材スリッポン】
    気取らないムードで、抜け感&リゾート感たっぷり。休日の足もとに。¥11000/アマン(リヴィエラ)

    【主役級ネックレス】
    Tシャツだと顔まわりが同じ印象になりがちなので、普段よりインパクト3割増しのネックレスが正解。¥45000/トゥモローランド(リジーフォーチュネイト)

    【重ねバングル】
    Tシャツの腕には、透け感のある涼しげなバングルを重ねてボリューム感を。各¥10000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(ルーベル デザイン)

    【ロングペンダント】
    無地Tシャツだと上半身が寂しく見えがち。大ぶりモチーフで変化をつけ、前から見たときの印象を単調にしないように。¥7000/ヴァンドームヤマダ(ロバート リー モリス)

    【男前なテーラードジャケット】
    合わせやすいうえ、フォーマル感やきちんと感が簡単に出せる白ジャケットはTシャツ通勤の日に欠かせない。¥87000/アマン(アンスクリア)

    【大きめサイズの今っぽジージャン】
    Tシャツの上からさっと肩かけしただけでしゃれ感が手に入るビッグジージャン。¥37000/アストラット 新宿店(アストラット)

  • いかがでしたか? 大好評発売中のBAILA7月号では、今回ご紹介したワードローブを、大人カジュアルの名手・スタイリスト安西こずえさんがとことん着回し! 続きは本誌でお楽しみください。
撮影/TISCH〈UM〉、魚地武大〈TENT〉 ヘア&メイク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 ※BAILA2018年7月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords