今が旬!スカーフの巻き方講座【2】シンプル服が見違える<ヘアバンド巻き>

2019-01-11 17:00
  • ヘアバンド巻きは、シンプル服が見違える、即効こなれテクニック。顔の近くで印象的にきかせるスカーフは、定番色ベースのグラデーションなど悪目立ちしない色と柄を選んで洗練コーデに。
  • ヘアバンド巻き1
    ヘアバンド巻き2
    ヘアバンド巻き3
    ヘアバンド巻き4
    ヘアバンド巻き5
    ヘアバンド巻き6
    ヘアバンド巻き7

    【これが完成形】
    右にスライドして巻き方をご紹介→

    1. 前髪と耳から下の後れ毛を少し残して、上の毛束をクリップなどで留める。

    2. スカーフを基本のたたみ方の型にしたら、首の後ろから前頭部に通す。後れ毛は下に残したままでOK。

    3. 中央で、スカーフを持つ手を入れ替え、1回交差。顔にかからない高めの位置で

    4. もう一度。同じ方向に回転させ、スカーフを持った手を入れ替えつつ交差させる。

    5. スカーフの両端を首の後ろで固結び。上がゆるんでこないよう、しっかりと。

    6. 上で留めていた毛束を下ろし、後れ毛もスカーフも一緒にゴムで一本結び。

  • ニット¥6000/ラグナムーン ルミネ新宿(ラグナムーン) スカーフ「アニマポリス」(90×90)¥52000/エルメスジャポン(エルメス) 
撮影/イマキイレカオリ ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/櫻田結子(スーパーバイラーズ) 取材・文/東原妙子
※( )内の数字は(縦×横)で単位は㎝です
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords