この春は出番なし! 今季、サヨナラすべきボトムスとは?

2019-02-22 10:00
  • クロゼットに眠るたくさんのボトムス。いつか着るかも、やせたら着ようとサヨナラすべきタイミングが分からない!そんなみんなのお悩みを、スタイリスト・吉村友希さんが解決。今回は編集部の私服から、この春、お別れすべきボトムスを一刀両断! 手持ち服を整理する際の参考にしてみて。

    \よっしーがお手伝い/スタイリスト 吉村友希さん
    女性らしく品のあるスタイルに定評があり、数々の女性誌で活躍中。本人もワードローブは常に厳選&更新し、クロゼットがあふれないように徹底。
  • 去年の春ボトム、サヨナラorキープ? サヨナラすべきはコレ!

  • バギーパンツ
    テーパードパンツ
    ローライズデニム
    プリーツスカート
    ミニスカート
    ラベンダー色スカート

    はんぱ丈のバギーパンツ
    「お気に入りでたくさん着たけどこの春もはいてOK?」(持ち主 副編N)
    よっしー’s ジャッジ【一見シンプルに見えて使えそうだけど実は主張が強い形】
    「ベーシックな色で着回しできそうですが、幅広のバギーパンツは、はくと個性が出るアイテム。今の流行ではないので、この春は残念ながらアウトです」(吉村さん)

    テロテロ素材のテーパードパンツ
    「ラクでよくはいてたけど最近はもっぱら休日着に」(持ち主 編集部員・バイラーズ多数)
    よっしー’s ジャッジ【今年はハリ感のあるきれいめパンツが主流です。テロテロは賞味期限切れ!】
    「展示会でもベージュはたくさん出ていましたが、もっとハリのある素材が多い傾向。軽やかな素材ほど着用感も出てしまうので、そろそろ手放してもいいかも」(吉村さん)

    腰位置の低すぎるローライズデニム
    「いつかこの流行が戻ってくるかも?と思って…」(持ち主 編集T)
    よっしー’s ジャッジ【ハイウエストかミッドウエストが今の定番。スタイルアップも難しいのでサヨナラを!】
    「デニムって実はウエスト位置や丈感など形に時代がよく表れるアイテム。これ一本で、旬なトップスを合わせてもコーディネートが古く見えてしまいますよ」(吉村さん)

    幅広のプリーツスカート
    「今季もプリーツは人気だよね?ちょっと幅広だけどいいよね?」(持ち主 編集Y)
    よっしー’s ジャッジ【プリーツははやっていますが、幅広は今っぽくないので残念ながら出番なし】
    「確かにプリーツは人気ですが、女っぽいニュアンスの出る繊細な細めプリーツがトレンドです。幅広のプリーツで今っぽさを狙うのは厳しいかもしれません」(吉村さん)

    ひざ上丈台形ミニスカート
    「年齢的に丈が厳しいかもと薄々思いつつ、ベーシックだからアリ?」(持ち主 編集部員・バイラーズ多数)
    よっしー’s ジャッジ【ミニ丈すぎるスカートは品格が大事なバイラ世代に必要ありません!】
    「ベーシックな色でも、この丈感はティーンのもの! バイラ世代が着ると浮いてしまいます。大人の品格を得たいのであれば、ミニ丈スカートはすべて処分を」(吉村さん)

    ひざ上丈ラベンダー色スカート
    「色が好きで捨てられず…。ミニ丈フレアって今季はイケる?」(持ち主 副編K)
    よっしー’s ジャッジ【ラベンダーは今年の春も多く見ますが、スカートならあくまでもひざ下丈が基本!】
    「ラベンダーでフレアでひざ上だと、甘すぎてバイラ世代には不似合い。可愛さは得られても、大人っぽさは得られません。しかもこれ、膨張して見える危険も」(吉村さん)

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/吉村友希 イラスト/ユリコフ・カワヒロ 取材・原文/道端舞子 ※BAILA2019年3月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords