おしゃれな人ほどシーズンレスに活用中! スタイリスト8人の【推しTシャツ】カタログ

2019-03-28 10:00
  • おしゃれな人ほど、3月からフル活用している白Tシャツ。スタイリスト8人が、プライベートでも偏愛している白Tをリコメンド。一見同じような白Tも、それぞれに個性あり! 詳細データつきでご紹介します。
  • バイラスタイリスト8人の【推しT】カタログ

  • 無印良品
    サンスペル
    ダブリュー エム ブイ
    ユニクロ ユー
    プチバトー
    スローン
    ヘインズ
    オーラリー

    佐藤佳菜子さん「無印良品」
    「最近は、厚すぎない生地のTシャツをゆるっと着るのが好きで無印良品のメンズを選んでいます。洗濯してもヨレないところも優秀」
    首もとにはのび止めテープ、ネックのリブ部分には洗濯機でヘタりにくい糸を加えて補強するなど、細部への工夫が。¥917/無印良品  池袋西武(無印良品)

    室井由美子さん「サンスペル」
    「世界で初めてTシャツに使われたというとにかく上質な生地にうっとり。肌ざわり抜群で、仕事で着用するモデルさんたちも驚くほどなんです」
    手摘みされた最高級の超長綿から不純物を取り除き、手をかけて作られる上質な一枚は、強くてとてもなめらか。¥9000/サンスペル表参道(サンスペル)

    安西こずえさん「WMV」
    「カジュアルからスタートしているブランドなだけに、Tシャツへのこだわりも格別。ちょっとした襟のあきや上質感のある生地は一枚で決まる!」
    綿のなかで最もソフトな風合いを持ち、"繊維の王様”といわれる、海島綿を使用。やや厚みのある生地も大人向き。¥14800/ビズビム(ダブリュー エム ブイ)

    川上さやかさん「ユニクロ ユー」
    「ネックラインがしっかりしていて詰まっているので、ニットの時季にインナーとして着ると、チラ見え具合がちょうどいい。一年中活躍しています」
    ネックのリブ幅を太めに設定。袖口&裾は天地縫いという高度な技術で、縫い目を目立たせず着心地のよさをアップ。¥1000/ユニクロ(ユニクロ ユー)

    百々千晴さん「プチバトー」
    「厚手でフィット感があってネックの詰まり具合もパーフェクト。素材感はカジュアルなのに着るとデニム合わせも女っぽく決まります」
    ブランドの大定番。「第二の肌」と呼ばれるリブ編み素材が心地よくフィットし、体をきれいに見せる。¥2500/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー)

    吉村友希さん「スローン」
    「サイズ展開が豊富なので、いろいろな着方を楽しめるのが魅力。ニットと重ね着したとき、首もとと裾からTシャツがほどよくのぞく理想のバランス!」
    ソフトな風合いと上品な光沢が特徴の上質な超長綿を使ったTシャツは、洗濯を重ねてもけば立ちにくく、シワになりにくい加工もうれしい。¥7800/スローン

    石田 綾さん「ヘインズ」
    「パックTの代名詞ともいえるヘインズのジャパンフィット。体になじむ着心地のよさが大好きで毎年買い替えて愛用しています」
    日本人の体型に合わせた"Japan Fit”が、今季少し厚手の「透けない5.3オンス」に更新。(2枚セット)¥2700/ヘインズブランズ ジャパン(ヘインズ)

    松野裕子さん「オーラリー」
    「自然と肩が落ちる、つかず離れずのシルエット。なにげなく合わせて今のバランスになるから、スタイリングでもつい登場頻度が高くなる一枚です」
    身幅が少し広く、自然と肩が落ちるリラックスしたシルエットが特徴。着丈が短めなのも今どき。¥7500/デミルクス ビームス 新宿(オーラリー) ※ビームスでは1 サイズのみの展開

撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/東原妙子 ※BAILA2019年4月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords