シャネルを象徴するキルティングモチーフの「ココ クラッシュ」ジュエリー【ブランドフォーカス】

2019-05-01 10:00
  • シャネルを象徴するモチーフ、キルティング。その由来となったのは、マドモアゼル シャネルが恋人と訪れた馬術競技場で目にした騎手のまとうキルティングジャケットやアーガイルニットだったそう。この伝説的なモチーフをジュエリーに落とし込み誕生したのが「ココ クラッシュ」。「ココに夢中」を意味するその名のとおり、多くの女性を虜にしてきたけれど、今季は待望の新作が登場。オープンタイプでつけやすくなったバングルと、2色セットのイヤカフ。モダンさと優美さのあるデザインが、シンプルな白シャツの日も意志ある女性へと導いて。

  • シャネルの「ココ クラッシュ」

  • シャネル
  • イヤカフ、ブレスレットのほかに、リングも新作で登場。
  • イヤカフ(2本セット)(ホワイトゴールド×ダイヤモンド、 ベージュゴールド)¥310000・ブレスレット(上)(ベージュゴールド)¥473000・ (下)(ホワイトゴールド×ダイヤモンド) ¥584000/シャネル(シャネル) シャツ¥50000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット)
撮影/三宮幹史 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/川上さやか モデル/大政 絢 BAILA2019年5月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords