ご注意! こんなニット女子は嫌われちゃうかも⁉

2016-01-28 19:40
  • 冬の定番アイテム、ニットだけど、時と場合、相手によっては「それってアリなの?」とヒンシュクを買ってしまう場合も。

    うっかり陥りがちな4つのパターンを参考に、こんなニット女子にならないようくれぐれもご注意を!
  • ① 赤ちゃんの産まれた友人宅へモヘアニットで♥

  • なんだかハッピー気分♥ 赤ちゃんって可愛いイメージだし、ふわふわなモヘアがいいかな?

    って、それダメーっ!! 抱っこしたときに毛が舞って赤ちゃんも嫌がるし、よだれで汚れてしまったら向こうにも気を使わせてしまうもの。
    それに、慣れない育児で大変なお友達はきっともっとシンプル&カジュアル。
    多少汚れても気にならないロープラブランドのハイゲージニットが得策。
  • ② 久しぶりの女子会へ5年前のニットで!?

  • 久々に仲のよい女子同士が集まって、話題のワインバーでおしゃれや恋バナに花を咲かせる夜♪
    気の置けない仲間だし、ちょっと着古し感あるけど5年前に買ったこのニットでいいよね♪ (ん?毛玉できてるし、なんか伸びた?)

    って、ダメー! いくら気に入っていても、お手入れのなってない着古しニットで女子会に行っちゃダメ! せっかく女子同士で集まるなら、普段はなかなか冒険できないきれい色ニットやニットアップなど、トレンドを思いっきり楽しんで。
    “おしゃれしてきた感”はこの会を楽しみにして準備してきたことの証。きっと女同士の友情も深まるはず。
  • ③ 気合の入る飲み会へはモテ意識。当然、モヘアでしょう!

  • 「モテ=モヘアニット」の呪縛からなかなか離れらないアラサー世代。
    それが似合う(許された?)のは大学時代まで! モヘアの白ニット、脱いだらノースリーブでドキッ…なんて展開、アラサー女子においては色んな意味であり得ません!

    「とくにパステルピンクのモヘアは頑張りすぎている感じがして引いてしまう」(38歳・美容師)という男性の意見も。

    取材してみていちばん多かったのは、さりげないVあきのニットが好き、という事実。
    ほどよい引き算が、モテるアラサーニット選びのコツ?

  • ④ いくつになっても可愛いが好き♥だからニットにはふわスカート

  • ニット×ふんわりスカート、ガーリーな着こなしの定番だけど、どうやら男性からはイマイチなようで…。「女子大生みたいで若造り感がある」(32歳・広告)など「無理してる感」を敏感にキャッチしている模様。
    ニットのカジュアルさを生かして「細身デニムにヒール靴」といった「カジュアルだけどほんのり女らしい着こなしが好き」(36歳・会社員)という意見もありました。


    何気なく着ていたニットも、もしかしてちょっと違っていた…なんてシーンもあったかも!? 自分の好き、は大切にしつつも、TPPO(TPOに会う人=Personを加えた造語)を意識した着こなし分けで、自分も相手も気分よく過ごしたいものですね♪

イラスト/平松昭子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords