【大ヒット♥︎ 袖コンブラウス】アラサーの痛くない着こなしお作法3

2016-09-14 12:14
  • 大人の“袖コン”スタイル、目指すはマリサ・ベレンスン♥︎

  • 【大ヒット♥︎ 袖コンブラウス】アラサーの痛くない着こなしお作法3_2_1
    袖コンブラウス大ヒットの源流も’70年代スタイルブームから! ©Roger-Viollet/amanaimages
  • マリサ・ベレンスン(写真右)をご存知ですか? カリスマファッションデザイナー、エルザ・スキャッパレリ(写真中央)の孫で、映画『ベニスに死す(1971年)』で銀幕デビューし、大ブレイクした女優♥︎ イヴ・サンローランやカール・ラガーフェルド、アンディ・ウォーホルら、さまざまなアーティストのミューズでもあった生粋のファッショニスタ、マリサが’70年代に私服として好んで着ていたのがこの「袖コンブラウス」。センタープレスのワイドパンツやフレアパンツなど辛口なボトムと合わせ、ナチュラルなヘアメイクで着こなす姿は、まさにBAILA世代が目指すべき「袖コン」スタイル。マリサにならって、オフィスミューズ®らしい袖コンブラウスの着こなしを研究してみましょう!
【写真①】トップス¥27000/クルーズ(エリン)
【写真②】ブラウス¥14000・スカート¥13000/メゾン イエナ(イエナ)
【写真③】ブラウス¥16000/ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館(ユナイテッドアローズ) パンツ¥22000・スカーフ¥5500/アダム エ ロペ バッグ¥180000/ヒラオインク(マルベリー)
【写真④】スタイリスト私物
撮影/竹内裕二<BALLPARK>、酒井貴生<aosora>、坂根綾子(物) ヘア&メイク/河北裕介、笹本恭平・佐藤エイコ<ilumini.>
TOMIE<ヌーデ> スタイリスト/百々千晴、小川ゆう子、斉藤くみ<SIGNO>、佐藤佳菜子 モデル/ヨンア、竹下玲奈
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords