今すぐ見直して、もっと美人に! アラサー世代の新ベーシック7

2017-01-12 10:00
  • 本日発売のBAILA2月号では、桐谷美玲さんもBAILAベーシックを着ています【写真①】
  • 本日1月12日(木)はBAILA2月号の発売日! 女優やモデル、キャスターとして多彩な活躍を魅せる27歳の桐谷美玲さんを新カバーモデルに迎え、2017年に目指すべき、アラサー世代の新しいベーシック&スタンダードスタイルをご提案しています。巻頭のファッション特集でフューチャーしている「髪」と「靴」の2大ポイントをはじめ、素敵でおしゃれな大人のスタイルを完成させる大切なキーワード7つをクローズアップ。詳しくはぜひ、BAILA2月号をご覧ください♡
  • 【①ヘアスタイルを今っぽく更新する】髪型に旬の雰囲気が漂うだけで、ベーシックな服でもとびきりあか抜けて見えるもの。正面だけでなく、横顔や後ろ姿など、他人から見られる「3Dの視点」を意識しましょう。オススメは断然、カバーモデル中村アンのような無造作でラフな動きのあるヘア。

    【②旬のきれいな靴に履き替える】コーディネートの総仕上げ役といっても過言ではないのがシューズ。きちんとお手入れされた上質な靴を履いている人はそれだけで好印象。面積は小さくても、ここをサボると着こなしは途端に野暮ったくなるので、絶対に手を抜かないこと。

    【③モダンなバッグを持つ】靴と並んでおしゃれの印象を左右するもうひとつの最重要小物がバッグ。控えめながらキラリと存在感を放つ、モダンなルックスのバッグを手に入れて。小荷物派も大荷物派も、TPPOに合わせた持ち歩くべきモノがきちんと収まる容量をクリアするジャストなサイズ感を把握して選ぶのも大前提です。

    【④自分に似合うトレンチコートを持つ】カジュアルにもドレッシーにも着られるトレンチコートは、アラサー世代の永遠の定番アウター。自分にジャストな一枚を持ち、TPPOや気分、中に着るアイテムに合わせて表情を変えられる着回し力の高さは貴重です。ちなみに今年なら、ぜひパリシックに着こなしてみて。

    【⑤差し色の効果的な効かせかたを知る】きれい色アイテムが着こなしにもたらす効果は絶大です。印象も明るくなるし、着慣れたワントーンやシンプルスタイルに「はっ」と驚くような華やかさを与えてくれます。キレのよい小物使いでクールに装い、自分らしい個性をさりげなく発揮して。

    【⑥上質なスカーフで遊ぶ】一枚あるだけで着こなしを楽しげに彩るスカーフの力は実に偉大。ニットやシャツの首もとに巻いたり、バッグのハンドルに垂らしたり。大判サイズのものなら、ベルトにしたり、トップスやスカートにアレンジなんて大胆技も! 今も昔も、スカーフを制する者はおしゃれを制します。

    【⑦シャツは“抜け”て羽織る】端正なイメージの強いマニッシュなシャツは、襟を抜いたり、袖をまくったり、強いポイントを作らず、あえてゆるゆると着くずすのが新ベーシック。盛らない潔さがかえって印象をきわだたせ、ほどよい肌の“抜け”がそのままダイレクトに“あか抜け”につながります。

  • 【髪と靴が素敵なら、8割おしゃれ!】総力特集
  • 関連記事はこちら
【②】靴(左)¥82000・(右)¥89000/ジミー チュウ 【③】バッグ(左)¥33000・(右)¥32000/ウエニ貿易(ペッレ モルビダ) 【④】コート¥110000/マルティニーク ルコント 梅田(マッキントッシュ) 【⑤】バッグ¥24000/プラージュ 代官山(プラージュ) 【⑥】スカーフ¥18000/トゥモローランド(キンロック) 【⑦】シャツ¥33000/ビューティフルピープル 青山店(ビューティフルピープル)
撮影/竹内裕二<BALLPARK>、三瓶康友、水野美隆<zecca>、押尾健太郎、長山一樹<S-14>、魚地武大、ケビン・チャン、草間大輔<impress+> ヘア&メイク/笹本恭平<ilumini.>、HIROKI<W>、中村了太<3rd>、佐々木貞江 スタイリスト/村山佳世子、佐藤佳菜子、門馬ちひろ、伊藤ゆみ、小川ゆう子 モデル/桐谷美玲、中村アン
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up