スタイリストわかめ直伝☆【週4ブランドベーシック】のトクする買い方5

2017-03-19 10:00
  • スタイリスト上村若菜さんが、失敗しない【週4ブランド】の買い方教えます!【写真①】
  • 自他ともに認めるプチプラ【週4ブランド】好きの、スタイリスト上村若菜さん。「自分のスタイルを見つけられるまで、ベーシックアイテムこそ、コスパの高いプチプラでこまめに更新します!」と断言する上村さんが、トライ&エラーのなかで見つけた5つのお買い物ルールをこっそり教えちゃいます。「3連休は春物ショッピング!!!」と燃えているそこのあなた、お出かけの前にこちらをチェックして☆
  • 【①各ブランドの「得意分野」を知るべし】自分のサイズや好きなテイストと合う「各ブランドのご指名アイテム」を把握すること。たとえばアウターなら無印良品、パンツならプラステ、小物ならザラ......など。コート/無印良品 パンツ/プラステ

    【②天然素材ベースのものを選ぶべし】ベーシックなデザインは素材が命! コットン、リネン、カシミヤ、シルク、ウールなど、天然のものを選ぶと高見えして長く使えるものがたくさんあります。加えて「おうちで洗えるか」も大事。カーディガン/ミラ オーウェン 靴/コンバース

    【③試着室では、360°入念にスタイルチェックすべし】どんなに可愛いデザインでも、スタイルが悪く見える服は絶対NG!!! パッと鏡の前に立ったときの第一印象、ぐるりと回りながらじっくり確認した第二印象、どちらも納得できればOK! ニット/ユニクロ 靴・バッグ/ザラ

    【④手持ちワードローブとのコーデ3体をイメージすべし】着回せるかもとっても大切! 頭のなかで、登場回数の多い手持ち服と組み合わせた全身コーデを最低3体はイメージ。思いつかないなら、それは買うべきではありません。Tシャツ/ユニクロ コート/ジェーンスミス

    【⑤それが2倍の値段でも買うか?→「YES」なら買うべし】プライスに妥協して「この値段なら買ってもいいかな」と思ったものは大体着なくなるもの。倍の値段でも買える! と思ったものだけクロゼットにお迎えして。デニム/バンヤードストーム

  • そしてBAILA4月号も合わせてチェック! 大特集は【春のきれい色】
  • オデット エ オディールとのコラボポーチ&ヘアゴム、W付録つき☆
  • 関連記事はこちら
【写真①】メガネ/ジーユー パンツ/プラステ(ともに上村さん私物)
撮影/道中貴弘 ヘア&メイク/川嵜 瞳<PEACE MONKEY>
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up