思い出を刻む。旅するときの相棒小物たち【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.22】

2019-01-22 19:00
  • 憧れブランドのヒストリー【グローブ・トロッター 】

  • グローブ・トロッターは1897年、イギリスでデヴィット・ネルケンが創業。特殊紙を何層にも重ね、樹脂でコーティングした“ヴァルカン・ファイバー”は、「アルミより軽く、革よりも丈夫」、当時では最先端の素材だった。これを使用した軽量かつ堅牢なトラベルケースは、19世紀の冒険旅行時代から多くの探検家が愛用。王室やセレブリティたちの人生のパートナーとしても愛され、エリザベス女王は1947年の結婚の際、ロイヤルハネムーンのためにパイロットケースの特注品を贈られた。この“THE QUEEN CASE”は、現在も女王夫妻のお気に入りだそう。
  • 思い出を刻む。旅するときの相棒小物たち【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.22】_2_1
    エリザベス女王が愛用する「THE QEEN CASE」1947年のハネムーン以来、現在もロイヤルツアーで活躍中
  • グローブ・トロッターのトラベルケースは、創業以来、ほとんど変わらぬ製法で作られている。クラフトマンシップに裏打ちされた機能性はもちろん、旅にロマンがあった古き良き時代を思わせるクラシカルなデザインも心を捉えて離さない。中を開けると、仕切りやポケットのないシンプルな「箱」。自由に旅支度を整え、お土産のスペースを確保して……それはわくわくするような体験だ。旅に関するギアもさまざまに多様化した現代だが、グローブ・トロッター のトラベルケースと旅をする特別感は代え難い。次の旅を待つ間、家に置いておくときのたたずまいまで美しい。
  • 思い出を刻む。旅するときの相棒小物たち【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.22】_2_2
    1920年代のコレクションを復刻した「サファリ」。エレガントなムードがただよう
文・久保田梓美 撮影/富田春菜
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords