オンもオフも使える!足元に今っぽさをプラスする春シューズまとめ

2019-03-29 13:00
  • 今っぽさ、歩きやすさ、美脚見え。30代の働く女子に最適な三拍子揃ったシューズをまとめてお届け! 通勤スタイルを素敵に盛り上げるのはもちろん、週末にも活躍間違いなしのデザインだけピックアップ。ほんのり色っぽい足元を作るバックストラップ、こなれ感ならおまかせのローファー、絶妙な女らしさを叶えるアラウンド5cmヒール。使える1足をぜひ見つけて。
  • 平日も週末も! 足元に今っぽさを加えてくれる春めきシューズ厳選

  • ※詳細は画像からリンク
  • COLE HAAN(コール ハーン)
    スパイシーなパイソン柄は今シーズンのトレンド。気取らないバックストラップとのかけ合わせで、くどくなく取り入れられる。(2)¥32000/コール ハーン ジャパン(コール ハーン) 
  • O'RIC(オーリック)
    ときめくこと必至の淡ピンク。ヴィンテージライクなデザインも今っぽさを後押し。(2)¥23000/ハヤシゴ(オーリック)
  • Odette e Odile(オデット エ オディール)
    フラットシューズにもかかわらず、クッションたっぷりのインソールという贅沢さ。(2)¥17000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 
  • CALZAIUOLI FIORENTINI(カルツァイウオーリ フィオレンティーニ)
    男女ともに受けのいいさわやかなサックスブルー。なめらかなスエードは高見えもばっちり。(2)¥22000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ フィオレンティーニ)
  • PIPPICHIC(ピッピシック)
    甲の肌感が映える大胆なカッティングが魅力。箔ゴールドの控えめな輝きは、オフィスにほどよい華やぎを牽引。(1)¥29000/ベイジュ(ピッピシック)
  • Repetto(レペット)
    トゥシューズを思わせるアイキャッチなデザインはフィット感も上々。(0.5)¥50000/ルック ブティック事業部(レペット) 
  • FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ)
    シルバー×ブラックの大人配色にも、バックストラップの生む「隙」が有効。サイドまでしっかりホールドしてくれる、才色兼備な一足。(1)¥25000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)
  • NT(エヌティ)
    フレッシュなレモンイエローがシンプルコーデに可愛げをプラス。さりげないリボン使いで、後ろ姿まで抜かりなく。(2)¥19000/伊勢丹新宿店(エヌティ)
  • DES PRÉS(デ・プレ)
    鋭角のトゥや深めの甲に、クリアな白とギャザーのストラップの対比が絶妙な一足。平日コーデに抜け感を牽引してくれる。靴(1.2)¥16000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)
  • Odette e Odile(オデット エ オディール)
    サイドが広めにあいた美女フォルムが、ヘルシーな色気を牽引。(5.5)¥17000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)
  • PIPPICHIC(ピッピシック)
    ほんのり染まった桜ピンク。浅めに設定された履き口で、低めヒールでもセンシュアルに。(5)¥30000/ベイジュ(ピッピシック)
  • ROCKPORT(ロックポート)
    定番ネイビーやグレー、流行のベージュとも合わせやすい淡ブルー。歩きやすい設計と、頼もしいふっかふかのクッションが、忙しい平日にうれしい。(5)¥19000/ロックポート ジャパンお客様窓口(ロックポート)
  • COLE HAAN(コール ハーン)
    シンプルなデザインでこそ上質レザーのよさがきわだって。まろやかなブラウンは万人に好印象。(6.5)¥38000/コール ハーン ジャパン(コール ハーン)
  • DIANA(ダイアナ)
    チャンキーヒールとスクエアトゥのレトロな要素を、明度の高いグレーでモダンに格上げ。(6)¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)
  • GINZA Kanematsu(銀座かねまつ)
    パキッとクリーンなホワイトはフェミニンにもハンサムにも振れる万能選手。コーディネートに軽やかさを連れてくる。(4)¥27593/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ)
  • PELLICO(ペリーコ)
    オフィスにも浮かず埋もれず、な鮮やかブルー。やや細身のフォルムで、低めヒールながらも360度美しく。(3.5)¥48000/アマン(ペリーコ)
  • Santoni(サントーニ)
    素足にもなじみがよく、華やぎを添えるサフランイエロー。つけ根にかけて太く広がる変形ヒールで、実際のヒール高に比較して安定感あり。(5)¥90000/リエート(サントーニ)
  • PICHE ABAHOUSE(ピシェ アバハウス)
    太め&低めなヒールのこなれ感も相まって、甘いパステルも気負わずに楽しめる。靴(5.5)¥15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェアバハウス)
  • CALZAIUOLI FIORENTINI(カルツァイウオーリ)
    春らしさに即効性のあるパステル。コンパクトなつま先や甲浅のデザインは、バレエシューズ感覚でフェミニン派にも取り入れやすい。(1)¥21000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ フィオレンティーニ) 
  • FLATTERED(フラッタード)
    軽やかなリネンと型押しのクロコ、素材のコントラストで印象的な足もとを実現。(2.5)¥37000/デ・プレ 丸の内店(フラッタード)
  • madras(マドラス)
    メタリックはきれい色ボトムとも好相性。土踏まずにフィットする立体的なクッションと、ラバーソールで一日中ストレスフリー。(2.2)¥19000/マドラス(マドラス)
  • PEZZANA(ペッツァーナ)
    オフィスにマッチしつつ、しゃれ感を底上げするスエードの風合いを味方に。(1.2)¥29000/RHC ロンハーマン(ペッツァーナ)
  • PICHE ABAHOUSE(ピシェ アバハウス)
    さりげないスクエアトゥで感度よく。かかとを踏んでスリッパとしても履ける。(1.2)¥17000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)
  • FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ)
    つややかなエナメルが、黒ローファーのまじめさを払拭。(0.5)¥25000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) 
  • ROCKPORT(ロックポート)
    オーセンティックなデザインに、きりりと白をきかせてメリハリを意識。足裏に密着するインソールは、一度履くとやみつきに。(2.6)¥19000/ロックポート ジャパンお客様窓口(ロックポート) 
  • Repetto(レペット)
    コーディネートを明るく盛り上げる、ホワイトのシューズは今季のトレンド。スリムなフォルムでスマートに。(2.5)¥41000/ルック ブティック事業部(レペット)
  • Santoni(サントーニ)
    春めくアイボリーのローファーでフレッシュに。靴(2)¥85000/リエート(サントーニ) 
撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/室井由美子 ※( )内の数字は編集部で計測したヒールの高さで単位は㎝です
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords