上手く”着分け”て両モテしよ♡ 男子に会う日のデニム・女子に会う日のデニム

2017-01-14 10:00
  • デニムを履いているとモテない……なんていつの話? カジュアルにも女っぽくも振れて、ほどよいリラックスムードが一緒にいて安心感を与えてくれる。何より着ていて気分が上がるから、思わず笑顔があふれ出す! そんなデニムはいまや、男女問わずモテアイテムの代名詞♡

    ただ、”なんとなくデニム”では魅力が半減。その日の予定を一緒に楽しむ相手によって、着こなしに「可愛い!」を引き出すポイントをこっそり仕込んで。
  • 【男子編①】ちょっといいな、と思っている彼に会う日なら?
  • 【写真①】可愛げ、女らしさ、柔らかさ……待ち合わせ場所で会った瞬間、本命彼女枠行き決定。
  • スカート×ヒール靴でちょっと頑張った日に出会った彼との二回目デートは、最愛デニムが私らしい。シャープな印象のスキニーにぺたんこ靴をあわせても、優しいベージュのモヘアロングカーディガンや手首や足首の抜けが女っぽさをさりげなく主張してくれる。顔まわりが華やぐイヤリングや小ぶりのかごバッグ、愛らしいバレエシューズなど可愛げ小物を盛って、鈍感な彼にもわかりやすく”今日は特別”感をアピール! ”スキニーデニムでほっそり×ロングカーディガンでゆったり”のメリハリは、気になる体型悩みにも効果的。
  • 【男子編②】気心知れた彼を、ドキッと惚れ直させるなら?
  • 【写真②】こんなデニムスタイルでふと甘えられたら、誰より大事にしたくなる!
  • モダンなムードが漂うテーパードデニムは、付き合いの長いファッション好きの彼からも好評。ポイントは、白のモヘアニットと発色の良いブルーのコート。コートを着ても脱いでもハッとさせる明るい色合いは、隣に立つ彼女の可愛さを新鮮な気持ちで再確認させてくれる! インディゴデニムのシックな風合いで大人っぽさも残しつつ、モヘアベレー帽やフリンジバッグで遊び心も散りばめて。気心知れた彼だって飽きさせない、一歩抜きん出たおしゃれなデニムスタイルに。
  • 【男子に会う日のデニム結論】足すといいのは、明るい色・柔らかい素材・可愛げ小物!
  • どうにかなりたい!と可愛い下心がときめく彼も、一緒にいて安心する!とすっかり隣が似合う彼も。男子に会う日のデニム、ポイントは

    ●顔写りがきれいな明るい色とあわせること

    ●モヘアニットをはじめ、”触れたらなんだか柔らかそう…!”と想像させる女らしい素材を加えること

    ●”今日はあなたと会う日だから特別”と、伝わりやすい可愛げ小物を散りばめること

    この3点キープで、次のデニムデートはもっと盛り上がるはず♡
【写真①】デニム(絵美里)¥24000/ザ ファクトリー(ジェーン スミス)
【写真②】デニム(エミ・レナータ)¥32000/サザビーリーグ(マザー) (絵美里)¥18000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)
【写真③】デニム(絵美里)¥20000/ボウルズ(ハイク)
【写真④】デニム(オードリー亜谷香)¥19000/アングローバルショップ 表参道(レッドカード)

撮影/金谷章平、三瓶康友 ヘア&メイク/笹本恭平<ilumini.>、中村未幸<roraima> スタイリスト/小川ゆう子、佐藤佳菜子 モデル/絵美里、Shogo、エミ・レナータ、オードリー亜谷香
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up