バイラ世代社長秘書に聞いた【半径50㎝の働き方改革①】

2018-10-23 15:00
  • 気分が上がるアイテムを使ったり、時間の使い方を変えたり、リフレッシュの方法を増やしたり。生き生きと働く女性に、身のまわりでできる小さなアイデアで効率アップする方法を取材しました。ぜひ参考にして。
  • CASE 1. 心も体も健康に。楽しく働くことが私の働き方改革です!

    アカツキ 社長秘書
    堤加奈子さん(34歳)
    秘書という仕事柄、立ち寄り出社も多いが9 〜19時が平均的。会社も働き方改革に意欲的で、ストレッチなどの設備も!
  • 「心と体の健康を大事にしながら遊びも仕事も全力で楽しんでいます。会社も“幸せに働く”ことを大前提に考えてくれるため、長期の休みも年に一度取るようにしています。来週は1週間休んで、インドへ旅行する予定!」
  • 堤さんの【半径50㎝の働き方改革】
  • 1. バリスタがいる会社カフェで気分転換
    「バリスタがいておいしいコーヒーが飲めるんです。お気に入りのTHEのマイグラスで飲むと、さらに気分が上がる!」

    2. デスクにはお気に入りのお菓子を
    「食物繊維がとれるほしいもと、食べごたえのあるMinimalのチョコレートを3 時のおやつに食べるのが楽しみのひとつ」

    3. デスクに置くアイテムは同じシリーズでまとめる
    「メモ、携帯スタンド、クリップ置き場はHacoaの木製アイテムで統一。デスクまわりがすっきりと整えばものを探す時間もなくはかどります」

    4. タスクノートは無印のA5
    「気づいたときに急いでメモしたいので、手書き派。帰宅中や休みの日にも持ち歩くため、小さめのA5サイズが◎」

    5. 週に1〜2回ベリーダンス!
    「6年間ずっと続けています。発表会やイベントにも出てガッツリやってます。料理も習っているので、仕事を終わらせなきゃ!というモチベーションになりますね」

撮影/中澤真央 取材・原文/東 美希
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords