レトロ可愛い鉄道「ろくもん」で楽しむ信州ワイン&フレンチ

2017-03-30 18:30
  • ドラマ「カルテット」のロケ地で注目の軽井沢と、長野の間を結ぶ観光列車「ろくもん」。4月からスタートする「信州プレミアムワインプラン」を、ひと足早く体験してきました! 
  • レトロ可愛い鉄道「ろくもん」で楽しむ信州ワイン&フレンチ_1_1
    かっこいい!観光列車「ろくもん」
  • レトロ可愛い真っ赤な「ろくもん」は3両編成。シートのデザインがそれぞれ違ったり、飾られている絵も車両ごとにテーマがあったり、木をふんだんに使った温かみのある内装です。観光列車に乗るのは初めてでしたが、車両内の障子風の扉で仕切られた個室はプライベート感も満載。
    発車前から、あちこち写真を撮りまくる筆者を含む参加者たち。「ブォーーー♪」とホームに響くホラ貝の音が、出発の合図。非日常感に胸が高鳴ります!

    昨年2016年の大河ドラマ「真田丸」でも話題となった、戦国武将・真田幸村。「ろくもん」の名前の由来は真田家の家紋「六文銭」から。戦のときの旗印や、幸村の兜にもデザインされていましたね。諸説はあるものの、「三途の川の渡し賃」とも言われているそうです。
  • レトロ可愛い鉄道「ろくもん」で楽しむ信州ワイン&フレンチ_1_2-1
    レトロ可愛い鉄道「ろくもん」で楽しむ信州ワイン&フレンチ_1_2-2
    レトロ可愛い鉄道「ろくもん」で楽しむ信州ワイン&フレンチ_1_2-3
    レトロ可愛い鉄道「ろくもん」で楽しむ信州ワイン&フレンチ_1_2-4
    レトロ可愛い鉄道「ろくもん」で楽しむ信州ワイン&フレンチ_1_2-5

    「ろくもん」の車両も「大阪の陣」での真田家のカラーをイメージ。

    ヘッドマークにも使われているこちらも、同じく真田家の「州浜紋」

    鉄道好きな方からは、撮るポイントが違う!と怒られてしまうかもしれませんが・・・。でもなんだか可愛い!と思えたライトのところ

    3つの車両からなる「ろくもん」。こちらの車両はファミリーやグループでの利用がおすすめですが、ほかの車両では一人でも二人でもゆっくできるつくりになっています。

    試乗会&記者発表という特別な日を、ホラ貝が盛り上げます。ホラ貝を吹くのは「ろくもん」のアテンダントさん。吹く音を目の前で見るのも聞くのも初めてでわくわく♪ この日のためにかなり練習をしたそう。「緊張しました」と語ってくれました。

取材・文/都丸優子 写真/都丸優子 BAILA編集部
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords