【加藤綾子さんの料理連載】作ってみよう♡ 週末のふるまいぎょうざ

2017-07-07 20:00
  • ぎょうざが大好物という加藤さん。夏といえば、キンキンに冷えたビールにぎょうざの組み合わせは最高! 本誌連載では野菜多めで女子会にぴったりのぎょうざを料理研究家の荒木典子さんに習いました。週末のふるまいぎょうざと、さっぱり後味の副菜2品でカジュアルなおもてなしの食卓。みんなが大好きなぎょうざを、失敗なくおいしく焼くコツ、知っておいて損はありません!
  • カトパンと一緒にトライ! ふるまいぎょうざの作り方
  • 1 キャベツはたっぷり。35個分で三分の一個を使用。まずはみじん切りに。

    2 みじん切りにしたキャベツを塩もみし、しっかりと絞って水気を切る。

    3 ボウルに豚ひき肉、しょうゆを入れて粘り気が出るまでこね、ごま油も加えて。刻んだにら、みじん切りにした玉ねぎとキャベツを加えてしっかりとこねる。

    4 ぎょうざの皮の中央にタネを適量のせる。あまりたくさんのせすぎないのがキレイに包むコツ。

    5 等分なヒダになるように閉じていく。

    6 フライパンにごま油を熱し、ぎょうざを並べる。焼くときにどうしても前後がくっつくので、5個ずつくらいのユニットを組んでのせる。こうすることで器に盛ったときの見た目が美しい。

    7 強めの中火の状態で、熱湯100mlを回しかける。

    8 フタをして蒸し焼きにすること約5分。

    9 フタを開けて水分を飛ばし、ごま油を鍋肌から加えて、焦げ色がつくまで焼く。

  • おいしそうな焦げ色がついたところで出来上がり! 5~6個のユニットごとに器に盛る。
  • たれは「レモンしょうゆだれ」と「ピリ辛みそだれ」の2種類でまた違った風味を楽しんで。副菜は香菜のサラダとズッキーニとトマトのマリネでさっぱりと。
  • パクパクと何個でも食べられてしまうぎょうざはみんなが笑顔になること間違いなし!ぎょうざと副菜の詳しいレシピはぜひ本誌でチェックしてみてください!
撮影/清水奈緒 ヘア&メイク/陶山恵実 スタイリスト/斉藤くみ(SIGNO) 岩崎牧子(物)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up