スパイシートマト鍋で夏バテ防止 !【カトパンの週末ふるまいごはん】

2018-08-22 19:00
  • 「夏に鍋?」と思いがちですが、スパイスが効いたトマト鍋は暑さに弱りぎみな体にもやさしいんです。まだまだ続きそうな猛暑を乗り切るためレシピを、料理研究家の小堀紀代美さんに教えていただきました。さっぱりしているのにコクもある絶品鍋、加藤さんも大満足の美味しさです。
  • トップス¥18500/ステュディオス ウィメンズ 新宿店(ステュディオス×エレンディーク)  ピアス¥98000/ショールーム セッション(マリハ)  
  • さっぱりしているのに、コクもある絶品鍋に、箸もビールも進みます!
  • 香菜を効かせたトマト味だから、夏にぴったり! 箸が進みますよ。
  • 1 スープにしっかり味をつける鍋なので、具材は数を厳選して

    2 トマトは最終的に煮くずれるので、ざく切りでOK

    3 オリーブオイルにクミンとにんにく、香菜の根を入れてじっくり加熱し、油に香りを移す

    4 ふつふつしてきたらねぎを加え、しんなりするまで炒める

    5 トマトは具材ではなくスープになるので、しっかり炒めて火を通す

    6 スパイス類を加えると、風味が一気にアップ!

    7 最後に調味料などを加えた水を注ぎ、ベースのスープは完成! 肉、野菜、きのこでしゃぶしゃぶを楽しんだあとは、中華麺を投入して締めに

    翌日はご飯を入れてリゾットにしても。トマト鍋のスープ200mℓに炊いたご飯茶碗1杯を入れてさっと温め、割りほぐした卵1個をまわしかけ、ざく切りにした香菜を散らす。肉やきのこのエキスが煮詰まったスープで、残りご飯もリッチな味わいに変身!

  • 詳しい作り方はこちら
  • (材料2人分)
    豚バラ肉しゃぶしゃぶ用...300〜400g レタス...1/2個 エリンギ...1パック ねぎ...1本  オリーブオイル...大さじ1 クミンシード...小さじ1

    A〈にんにく...1かけ ねぎ... 1本 香菜の根(みじん切り)... 1〜2 本〉
    B〈アンチョビ...4〜5枚 トマト... 2個 パプリカパウダー...小さじ1/2〉
    C〈しょうが(薄切り)... 4〜5枚 水...3カップ ナンプラー...大さじ1 塩...小さじ1〉

    ミント、香菜、レモン(くし切り)、黒胡椒...各適量 
    中華麺... 2 玉

    作り方
    1 エリンギは縦に薄切り、ねぎは2本とも斜め薄切り、トマトは角切り、アンチョビはざく切りにする。
    2 鍋にねぎ以外のAを入れ、弱めの中火で香りが立つまで炒める。油に香りが移ったらねぎを加えしんなりするまで炒める。 Bを加え、トマトが煮くずれるまで炒める。
    3 Cを順に加えてひと煮立ちさせ、豚肉、エリンギ、野菜類をしゃぶしゃぶしていただく。好みで、薬味類を添えて。煮汁が煮詰まってきたら、ゆでた中華麺を加え、いただく。
  • いかがでしたか? 食欲をそそるトマトベースと香菜のさわやかな香りで箸もビールも進みますよ! 材料を切って炒めて煮るだけの手軽さもうれしいポイント。ぜひお試しくださいね。
撮影/清水奈緒 ヘア&メイク/陶山恵実 スタイリスト/斉藤くみ〈SIGNO〉(人)、岩﨑牧子(物) 取材・文/田中のり子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords