多忙なBAILA世代にぴったり! 話題の「グローサラント」活用術【食いしん坊ジャーナル】

2018-12-10 17:00
  • NTJ(眠い・疲れた・時間ない)BAILA世代は自炊のネタも気力も尽きるもの。そんなときは、フードアディクトの間で話題の「グローサラント」へ! グローサラントとは、グローサリー(=スーパーマーケット)とレストランを合わせた造語で、欧米ではおなじみの営業形態。スーパーのイートインコーナーより一段とプレミアム感と手作り感があるから、多忙なBAILA世代の食生活を潤わせてくれること必至! BAILAが厳選するグローサラントを4店ご紹介します。
  • 店内でおなかいっぱいになれて、食材も買える! 厳選グローサラント4店舗

  • 【イータリー グランスタ丸の内店】
    東京駅丸の内地下中央口改札を出てすぐのイタリア!


    オリーブオイルやパスタ(生も!)、直輸入した生ハムやチーズまで高品質かつ目新しい商品がズラリ。レストランスペースでは、ワイン+前菜の軽食からパスタやピザ、デザートまでシーンに合わせて選べる。

    東京都千代田区丸の内1の9の1 JR東日本東京駅構内B1 改札外
    ☎03(3217)7070
    営 8時~23時(日・連休最終日の祝~22時)
    無休
    ※レストランは11時~23時(日・連休最終日の祝~22時)

    奥のレストランスペース

    イートインメニュー
    ペンネ ゴルゴンゾーラ¥1380

    店内には月替わりのレシピも

    【成城石井 トリエ京王調布店】
    プロのシェフの技を集結。大人気スーパーが挑む新型店


    「成城石井」が最大面積を誇る調布店で始めた新しい試み・グローサラント。九州産の黒毛和牛を使用したステーキや、手ごねパティを2枚使用したハンバーガーなど高級レストラン顔負けのメニューから、ココナッツウォーターを用いたグリーンスムージーなど、体を気づかうレシピも多数。肉から野菜、調味料までメニューで使用する約9割の商品が買えるのもうれしい。

    東京都調布市布田4の4の22 トリエ京王調布A館1F
    ☎042(426)7528
    営 9時〜23時 
    休 施設に準ずる
    ※「SEIJO ISHII STYLE」は11時〜23時。
    アトレ新浦安にも新店が誕生

    開放的な雰囲気のレストランスペース

    イートインメニュー
    九州産黒毛和牛ウチモモ赤身ステーキ(150g・ライスつき)¥1500

    買うべき商品が一目瞭然。シェフ監修のレシピがいっぱい! ケール グリーンスムージー¥350

    【茅乃舎 グランスタ丸の内店】
    だしの世界をもっと知りたくなる、癒しのスポット


    「茅乃舎」に併設された飲食スペース「汁や」では、野菜たっぷり&人気のだしを巧みに使った豚汁セットや七草と茸の汁のセットなど、心をほぐす滋味豊かな定食に出会える(聞けば作り方のコツも教えてくれる!)。物販コーナーではだしをはじめとするほぼすべての商品を試食・購入することができる。だしを使った多彩なレシピも配布。

    東京都千代田区丸の内1の9の1 JR東日本東京駅構内B1 改札外
    ☎03(6551)2322
    営 8時~22時(日・連休最終日の祝〜21時)
    無休
    ※「汁やグランスタ丸の内店」は11時~22時(日・連休最終日の祝~21時)

    併設された飲食スペース「汁や」

    イートインメニュー
    九州の豚汁セット¥1280(税込)

    豚汁にはこのだしを使用。だしを使ったレシピも配布。

    【AKOMEYA TOKYO 銀座本店】
    DNAを刺激する、お米を主役にストーリーのある食材がそろう


    生産者とのかかわりを感じ、ストーリーのあるいいものが手に入ると評判。日本のおいしいお米、食材や調味料・器・調理器具などを幅広くそろえた「アコメヤ トウキョウ」。全国8店舗あるなか、銀座本店唯一の「AKOMEYA厨房」では、魅力を存分に食すことができる。特に昼食の小鉢膳は、厳選米を用いた土鍋炊きご飯、旬の魚介や野菜、乾物、発酵食品など伝統食材を贅沢に使った月替わりのおかずがたっぷり。

    東京都中央区銀座2の2の6
    ☎03(6758)0270
    営 11時〜20時(金・土・祝前日〜21時)
    不定休
    ※「AKOMEYA厨房」は11時〜22時

    銀座本店唯一の「AKOMEYA厨房」

    イートインメニュー
    季節の小鉢膳¥2315(ランチメニュー)

    この調味料とお米で、家でも再現できる!

撮影/山下みどり イラスト/室木おすし 取材・文/広沢幸乃  ※BAILA2018年12月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords