セリーヌ展示会の花あしらいは、やっぱりオシャレ♡

2017-09-26 20:00
  • ファッション業界ならずとも、センスのいい人は必ずチェックするブランドのひとつがCELINE。トレンドをけん引するブランドらしく、展示会での花あしらいも素敵。個人的に靴やバッグの新作とともに、毎回のお楽しみとなっています。さりげないのに、どこか新しさを感じるフラワーアレンジメントは、セリーヌのコレクションとも相通じるところが。

    今回のクルーズコレクションでも、やっぱり素敵すぎで、写真を撮りまくってしまいましたので、ご紹介します。
  • 憧れのクラシックバッグのアーカイブコーナーにも、いくつもの花の生けこみが。
  • この素敵な花を作っているのは、毎回、ディリジェンスパーラーという花屋さん。表参道ヒルズの地下にさりげなくあるお店なんですが、ここのセンスはピカイチ。シンプルなのになんともいえず素敵な花と花びんの演出に、目が釘付けになってしまうんです。

  • 会場の中央に飾られていたのは、ラベンダーのお花。小ぶりな花なのに、茎を長くカットしていて、独特の存在感を放っています。この色にまず目が奪われました。

    春の気分のチューリップ系の花々。たったひとつの花でも数があることで、こんなに素敵に。花とグリーンのバランスも素敵ですよね。

    ちょっと短めな花びんに生けられていたもの。ライラックカラーが、ますます気になってきます。

    かわいい花とモダンなメタリックな花びんとのバランスがなんともいえない。玄関先にこんな花が飾ってあったら自慢できそう。

    少ない本数でも、小さなボトルに生ければ、可愛さ倍増。レトロな茶色い小びんとイエローの花のバランスも見事ですね。

    小さい花は数で勝負です! 素朴な花をあえてたくさん生けることで、こんなにモダンで華やかになるのが分かります。

  • どんな風にオーダーしているのかセリーヌの担当の方に聞いてみると、「コレクションの写真を見せて、このムードに合わせてほしい、とお伝えするだけ」というから、びっくり。ヴィジュアルのイメージを共有することで、この素敵な世界観が作られるのかもしれません。

    花束のオーダーが、いまいち苦手な私ですが、次回はビジュアルを見せながら注文してみようと思ったのでした。(副編ナカディ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up