フォトジェニックな和菓子。「みずのいろ」の繊細な甘さに恋して

2017-11-19 18:00
  • ふらりと立ち寄った都内のデパ地下。そこで出合ってしまった、美しい和菓子。岐阜県の御菓子つちやの「みずのいろ」。柿羊羹で知られる、260年以上続く老舗の新たな銘品として話題なのだそう。
  • ひらながをシンプルにあしらった白い箱。その中から現れるのは……
  • 透けるように色合いが美しい、虹色の干錦玉。なんて美しく、そしてなんて繊細。

    ハイビスカス&ローズヒップ、オレンジピール、カモミール、ミント、バタフライピーと、彩りだけでなく、その風味にもこだわりが。

    一枚一枚手作りならではの味があって、この薄さ、まん丸さ、透明感にしばし見入ってしまう。さくっとした歯ざわりの後、ほんのりとした甘みが口に広がり、なんとも上品。(10枚入り ¥1000)

    「みずのいろ」に続く商品として登場したのが、「ASATSUYU」。こちらはパート・ド・フリュイを松露仕立てにしたもの。

    こちらも色鮮やか‼︎ 木苺、いちご、ぶどう、パイナップル、そしてミント味だそう。

    見た目の柔らかな色合いに反して、フルーツの酸味が効いています。パイナップルと木苺が特にツボでした♡ (10本入り ¥1000)

  • お礼の気持ちを込めてプレゼントしたくなる素敵な和菓子、おもたせリストに早速書き込みました!(副編クドウ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up