年末年始、伊勢へ行くなら!絶対に食べて欲しいローカル飯4選

2017-12-15 20:00
  • スーパーバイラーズの松原さんと同じく、三重県は伊勢市出身の私。先日、東京からの友人たちをアテンドすべく伊勢へ戻っていたのですが、やっぱり地元で食べる地元飯はうまい!年末年始、また来年以降で伊勢に行くことがある人にも是非知っておいてもらいたい、ご飯の話を♡
  • 【お昼編】
    お昼のローカル飯は近鉄 宇治山田駅付近に集中。伊勢で育った人には学生時代から馴染み深い3大ごはんというのが喫茶モリのモリスパ、まんぷく食堂のからあげ丼、そしてキッチンクックのドライカレー。そう、伊勢うどんじゃないんです。そして今回は喫茶モリへ行って看板メニューのモリスパを堪能♡
  • 男性は大盛り推奨!
  • 卵が引かれた鉄板の上にナポリタン的スパゲッティがオン。そして真ん中に鎮座する赤ウインナーの懐かしいことや、、、!少々、油が強いので中には漫画本を左右のどちらかに敷いて皿を斜めにし食べる地元民も(我が母もこのスタイル)。見た目通りのシンプルで優しい味はふとした時に食べたくなる、伊勢のソウルフードです。当日も10代から60代までひっきりなしにお客さんが訪れていました!
  • ●【夜編】
  • 【一月家(いちげつや)】
    伊勢市駅から歩いて15分程(タクシーなら5分もかからないはず)の場所にあるのが大正時代から続く居酒屋「一月家(いちげつや)」。まず最高なのが14時半オープン。ローカル&観光客であっという間に満席になります。で、絶対に食べてもらいたいのが、湯どうふ。「湯どうふってこんなに美味しいの?!」と私的湯どうふ観を大きく裏切られました。濃厚で柔らか、脂ののった白身魚のような(違うか)、とにかく美味い逸品です。そして更に最高なのが、この店コスパがすごい。一切メニューには料金が表示されていないのですが、ビール瓶1本+日本酒3合+料理4品で\3500ほど。まず東京じゃありえない価格にこれまた驚かされます。お会計時に5つ玉のそろばんで計算してくれるのも名物の光景です。

    【向井酒の店(むかいさけのみせ)】
    まず店名が素晴らしいこと、この上なし。こちらは駅からほど近い場所にあります。魚料理がメインで、刺身、揚げ物、焼き物と、ザ・居酒屋なメニューが多数。魚がメインと言いつつも一緒に行った友人が大絶賛していたのがソーセージ。確かにすごく美味しくって、あれはなんだったんだろう、、、。魚を食べつつ、ソーセージも是非トライしてみてください!

    【美鈴(みすず)】
    とにかく閉まるのが早い伊勢の中で、遅くまで(夜の12時半)やっていてくださり有難いのが美鈴。目の前で包んでくれる、にんにくたっぷりの餃子が看板メニューなのですが、必ず一緒に頼んで欲しいのが3個セットで出てくるおにぎり。炊飯ジャーからダイレクトに握られる、最高の握り具合に悶絶必至♡塩加減も絶妙で、これ以上にお酒に合うおにぎり、いや米はないのでは。

  • 書きながらも涎が滴る珠玉の4軒。伊勢にいらっしゃる際は是非お立ち寄りを!(編集K)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up