東京なのにここは香港?!  香港ローカルフードが楽しめるお店へ!

2017-12-21 20:00
  • 東京に住む香港出身の知人から、「東京にいながら香港のローカルフードが楽しめる」と聞いて、ずっと行ってみたいリストに入っていたお店へ。「香港 贊記茶餐廳」(ホンコンチャンキチャチャンテン)という、ちょっと覚えにくい店名なのですが、香港の人が日々よく行くような大衆カフェ、というカテゴリーに入るようです。メニューにはトーストなどの軽食から、ワンタン麺などランチタイムに気軽に立ち寄りたい料理が充実!
  • 飯田橋駅すぐ近くの立地。広東語が飛び交う店内は活気があって、お客さんがひっきりなしに訪れます。香港は何度か訪れたことがありますが、東京なのに香港を旅したような錯覚に。
  • 香港のカフェメニューが充実!
  • エッグタルトはサクサクのタルト生地。内側はカスタードがプリンのように弾み、甘すぎず素朴な味なので、お腹がいっぱいだというのに別腹に収まりました。

    熱々の揚げ春巻きも外せない一品。小さめサイズで皮はサクサク。昼からビールと一緒に楽しみたい!

    ワンタン麺は、透明感がある細麺が上品。スープもあっさりめで、お腹にたまらずするりと食べられます。

    こちらは香港ではローカルフードとして有名な「パイナップルパン」。厚みのあるメロンパンのようなパンに切り込みが入っていて、内側にバターをたっぷり挟んで食べます。香港では定番のカフェメニューのよう。

    こちらは香港式コーヒーミルクティー。コーヒーとミルクティーを混ぜたものなのですが、ほろ苦い後味で独特の風味。このカップ&ソーサーも香港に来ているみたいな気分にさせてくれます。

  • いわゆる広東料理のお店や飲茶のお店とはまた違った雰囲気が漂う香港グルメ。束の間の香港トリップをして来たような気分になれました! 飯田橋界隈を散歩の際はぜひ!(編集きっこ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords