ラグジュアリーキャンプの新形態、「アウトドアホテル」って?

2018-05-14 20:30
  • ここ数年、ラグジュアリーなキャンプ「グランピング」がかなり浸透している模様。全国で新しいスポットが多く生まれています。まだ一度も体験したことはなかったのですが、仕事関係の知人から「アウトドアホテルというユニークな形態のグランピングがあって、これがすごい! 今度二度目に行こうと思っている」という話を聞き、すっかり興味が湧いてしまい、思わず予約。それが全国各地を旅するように移動しながら不定期でオープンされるアウトドアホテル「The Caravan」でした。
  • テント群の入り口に設置された簡易ドア。何かワクワクが始まる予感!
  • 旅するように不定期で開催されるホテルって一体?! The Caravanは「日本の四季と旬を楽しむ」を最大の目的とし、春には桜を楽しめる場所、夏には湿気の少ない高原、秋には紅葉を楽しめる渓谷…など旬に応じて場所を変えていく巡業型のアウトドアホテル。私が参加した4月中旬は栃木県宇都宮市。まだ少し肌寒さを感じる週末でしたが温泉施設と隣接していて、自然も温泉も楽しめて一石二鳥。
  • 草原の中にコットンテントが設置され、中にはベッドやチェアが。アメニティも人気のオーガニックコスメ「メルヴィータ」が置かれ、ホテルのようなホスピタリティ。アウトドアだとどうしてもお風呂が気になるけれど、近隣の温泉施設にスタッフが送迎してくれるので心配なし。トイレは草原の中にバスルーム専用の大きなワゴンが設置されていて、最初は恐る恐る入ってみたのですが、ホテルのバスルームと同じクオリティでした。

    こちらはメインテントに設置された長テーブル。バーやカフェの役割を果たしていて、好きな時にドリンクをサーブしてくれます。翌朝の朝食もこのテーブルで食べたりしていました。ずっとテントの中にこもるのではなく、憩いの場所になっていて、新たなコミュニケーションが生まれるサロンのような雰囲気。

    ディナーが全くのサプライズだったのですが、夕方、近くの石の採掘場や洞窟へのツアーがあり、その流れで案内されたディナー会場は「石の神殿」とも表現されるべき石に囲まれた採掘場の中。その地のシェフが土地の旬の素材を使って作ってくれるコースに舌鼓を打ちました。今回はバスク料理のお店のシェフが作る料理。真っ白な神殿の荘厳な雰囲気の中、ワインとともにディナーを堪能。

    ディナーの後は温泉に浸かったり、焚き火の前で他のお客さんたちと交流したり。自然の中で、心からリラックスできる豊かなひと時でした。

    翌朝はメインテントに集まり、朝食。パンを卓上に設置された炭焼きグリルでトーストし、バターとジャムでいただきました。爽やかな朝の空気の中で食べる朝食は格別!

  • 今回は家族と自家用車で訪れたのですが、最寄りの主要駅まで送迎してくれるサービスがあるので車がなくても安心。ミニマムな荷物を持って、手軽にグランピング気分を味わえる最高に贅沢な1泊2日。仕事と生活に追われていると、つい繰り返しになりがちな日々に、時にはこういう「非日常な体験」で感動したりすることって大事だなあと実感しました。5月末は信州、6月は和歌山で開催されるようです。ぜひチェックしてみてください!(編集きっこ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords