猫が好きだと叫びたい!読む&見る、にゃんこワールド7選

2016-07-21 15:30
  • ロエベやステラマッカートニーをはじめ、ファッション界は空前の猫ブーム!
    今までも猫愛高め安定、の方も、今まで興味がなかった方も、せっかくのブームなので是非猫の魅力に触れていただきたい…!と切に思う私は、前者・高め安定の猫狂いです。飼う、飼わないは住宅事情やライフスタイル、アレルギーの有無など、本当に人それぞれだと思うのですが、せっかくのブームなので読んで、見て、猫を感じる作品をご紹介させてください。私物のため、ところどころコーヒーのシミがあるのが恐縮です。大量にありますが、これでも厳選…!
  • まずはこの3冊

  • 言わずと知れた名著。表紙に猫、中身も猫。猫ワールドに浸るならまずはこの2冊。
  • 右から、ポール・ギャリコ「猫語の教科書」と町田康「猫にかまけて」。
    猫語の教科書/
    こちらは猫がタイピングした猫語の教科書。猫として飼い主を操作する賢い術など、サービス精神たっぷりに猫が語ってくれています。文庫版の著者近影もユーモアたっぷり。
    猫にかまけて/
    かまけたい、私も猫にかまけたい!と思わせる、猫たちとの日々を面白く、愛おしく綴ったベストセラー。そして涙なしでは読めない一冊!
  • イラストは和田さんのもの。ニャンコに歴史あり!なエッセイ集。
  • 和田誠「ニャンコトリロジー」
    イラストレーター和田誠さんのイラストとエッセイ。ふつふつと湧き上がるニャンコ愛に、猫好きならずとも共感&ニャンコと暮らしたくなるはず!
  • タッチの違いも楽しい

  • 「猫づくし」というタイトルも、そしてこの装丁も美しい。紙の手触りもいいんです。
  • 矢吹伸彦「画報 猫づくし」
    こちらは画集。矢吹さんの独特のタッチで生み出される猫たちは、みんなイキイキしていて独特の存在感を放っています。雰囲気ありすぎてちょっと怖い、という方もいるかもしれませんが、猫玄人になるうちに、この画集はくせになるはず!
  • キャットニップ、は実在する植物の名前から。まだお目にかかった事はないけれど、キャットとつくだけで興味津々。
  • 大島弓子「キャットニップ」
    ドラマにも映画にもなった、漫画「グーグーだって猫である」、そして永遠の猫バイブル「綿の国星」の著者・大島弓子先生による猫漫画。グーグー、の後の大島家の猫たちの様子や、猫と暮らす日々のエッセイ漫画です。一つずつのストーリーが短めなので、移動などの合間にちょっと読みができるのも嬉しい。それぞれの猫の個性や描き分けにも愛を感じます。
  • おかゆが食べたくなること間違いなし。
  • 吉田戦車「おかゆネコ」
    猫とおかゆ、の最強の組み合わせを発見した作者は天才…!!くだらなおかしさ炸裂のほのぼの漫画ですが、疲れているとき(小説の文字もドラマの台詞も入ってこない夜等)に読むと癒し効果抜群!!!
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords