あの頃の思い出がよみがえって本気でときめく♡りぼん×スカイツリーイベントへ

2017-02-17 20:00
  • 編集やまみ先輩もアップしていた、りぼん×スカイツリーコラボイベント「250万乙女のときめき回廊」。

    そこには、りぼんっ子にとって夢の世界が…!
    スカイツリー、地上450m、絶景を背景に、そこにはあの頃のわくわくをよみがえさせる数々の展示。

    15年前にときめいたあの男の子に、今もまたときめけるって、冷静に考えたらすごくないですか?
    初恋より賞味期限長いですよ!
    昔、りぼんを隅々まで読んでいたよ~!ていう方に、ぜひぜひ行って欲しいです!
    自分の中に、こんな純粋な部分がまだ残ってたんだなって、自分再発見できるかもしれませんよ(笑)
  • 豪華! 夢のような表紙パネルが、エレベーターを降りると迎えてくれます
  • エレベーターの中には、数々の名作の名シーンが。


    特に個人的にぐっときたのが、『天使なんかじゃない』の、以下のシーン。

    わたし、『天使なんかじゃない』の世界に憧れすぎて、新設の高校を選んで一期生として入学したんですが、そこでは、「悲しくも優しい表情で、雨の中ネコを拾う」人には出会えなかった・・・がっくり。
  • 意外なアイツが猫を拾ってるって…少女マンガ史上最大級の発明だと思います
  • なんと、マンガとコラボしたメニューが食べられるカフェもオープン中です!
  • あの名シーンをこんなに美しく切りとったプレート…! もちろん、ママレードジャム入りのサンド♡
  • そして、圧巻なのが、第1号から今まで、1号とも抜けることなく展示された、歴代の表紙たち。
    90年の歴史を誇るりぼんだから、お母さんやお祖母さんと行って「自分の読んでた頃はこの表紙だった」なんて語り合うのも面白いかも!

    しみじみと懐かしく、毎月わくわくしながらりぼんを読んでいた、あの頃の気持ちを思い出します。
  • このあたりは、ギリ昭(=ギリギリ昭和)28才に、どんぴしゃな頃かと
  • そして!!
    あるアプリをダウンロードすると、会場のいろんなところで、バーチャルリアリティを楽しめます!

    「イケメン☆カーニバル」エリアでは、歴代の人気イケメンたちとツーショットが撮れるのですが、ここでアプリを使ってカメラを向けると・・・
  • 普通の展示はこんな感じ
  • あるアプリの中でカメラを向けると…こんな風にセリフがうかびあがる!!!!
  • 「おまえの他に行くとこなんか ねえよ」


    こんなセリフを高校生で言われちゃった翠はなんて幸せモノなんでしょう。
    言われたいよ、アラサーも。
    今回、バーチャルリアリティのおかげで、わたしも擬似翠体験ができました!!!

    「250万乙女のときめき回廊」は3/31(金)まで!!
    昔のあの憧れの彼に出会える機会を逃さないで!!!


    (編集カゲモン)
(C)集英社・りぼん (C)TOKYO-SKYTREE
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up