他人事じゃない! アラサーが気をつけるべき婦人科の病気

2016-06-20 16:00
  • 他人事じゃない! アラサーが気をつけるべき婦人科の病気_1_1
  • 気になるけど詳しくは知らない……そんな婦人科系の病気。とくにアラサーが気をつけるべき病気の自覚症状がどんなものかを紹介。症状を知り早く気づくことが何より大事なのです! 

    まずは「月経不順、月経痛、PMS」など。早速ですが、皆さんこんな症状はありませんか? ●月経の周期や期間が定まらない ●月経中に体の不調がある(下腹部の痛み、腰痛、頭痛、むくみ、イライラ) ●月経開始前1週間~2、3日前に体の不調がある(乳房が張る・痛い、下腹部痛、便秘、下痢、肩こり、眠いなど)●月経時以外に性器から出血する どうですか? 思い当たる人は、悩む前に婦人科の医師に一度相談してみて。
  • 他人事じゃない! アラサーが気をつけるべき婦人科の病気_1_2
  • 次に紹介するのは、女性の10人に一人が発症すると言われている「子宮内膜症」。大切なのは早めの治療。だからこそ、次に紹介する症状に早く気づくことが大事なのです。症状は以下。●鎮痛剤が効かないほど強い月経痛 ●月経時に吐き気や嘔吐がある ●過多月経(経血の量が多い) ●月経時以外に下腹部痛、腰痛がある ●肛門の奥が痛む ●排便痛、性交痛がある。思い当たる人は、悩む前にまず病院で検査を!
    《次のページへ》
イラスト/サトウノリコ
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords