女子会にベトナム料理はいかが?センス抜群!レトロビル案内③【関西のイケスポ】 

2017-10-06 18:30
  • 「パリにあるベトナム料理店」がコンセプト
  • 照明やアートなど、インテリアも異国の食堂みたいな雰囲気
  • 大阪の芝川ビルがテナント貸しを始めた11年前にこのビルに移転してきたのが、今回ご紹介する「RIVE GAUCHE(リヴ ゴーシュ)」。大阪でベトナム料理といえば、の老舗でもあります。

    コンセプトは「パリにあるベトナム料理店」。ベトナムはフランスの植民地だったことから、食文化はフランスの影響が大きいと言われています。故にフランスにもベトナム料理店がたくさんあり、昔パリを訪れたこちらのオーナーが、その雰囲気を再現したのがこちらのお店、というわけ。

    ただし、味付けはオリジナル。「フランスで食べたベトナム料理はちょっと甘い…」と感じたオーナーが、日本人に食べやすいよう、スッキリめの味付けに少しアレンジを加えています。
  • エントランスもシックでおしゃれ

    1人ランチならカウンターへ。大人数でもOK

    毎年夏は芝川ビルの屋上でビアガーデン営業も

  • 必ず食べたいアラカルトメニューはこちら!
  • 毎回必ず注文する人も多い、マストメニューをご紹介。

    ベトナム屋台のお好み焼き、バイン・セオ(小)¥1250
    切り分けたパインセオをパクチーやミントなどのハーブと一緒にレタスに載せ、包んでタレを付けて食べるもの。見た目はお好み焼き風とはいえ、全く別もの。パリパリ食感とハーブの風味、そして甘辛いタレが絶妙です。

    スペアリブのグリル、ティット・ロン・ラン・ソット¥1450
    茹でた豚のスペアリブを、ウーシャン(五香粉)風味の自家製タレに漬け込んでオーブンでじっくり焼いたもの。意外とあっさりめだけど香り高く、まさに骨までオイシイ一品。

    他にも青いパパイヤのサラダや生春巻きといった本格的なメニューがズラリ!女子会ならいろんな料理をシェアできるのもうれしい。
  • やっぱりベトナムビールがよく合います
  • ちなみにランチは淀屋橋界隈のOLに大人気。鶏肉や牛肉など5種類から選べるフォーは、揚げ春巻きとベトナムコーヒーがセットになって¥980。+300円でコム・タイ・カム(鶏肉とレモングラスの炊き込みご飯)を付けることもできます。

    店内も広いし、カウンターがあるから1人でも入りやすい。昼でも夜でも迷ったらココ、という定番としておさえておきたいお店です。
【RIVE GAUCHE (リヴ ゴーシュ)】
住所:大阪市中央区伏見町3-3-3 B1F 002〜6号室 
☎06(6202)2202 
営業時間:11:30〜14:00、17:30〜22:00 
無休

取材/天見真里子 写真/佐藤純子 
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up