金融女子がリアルに実践している【マネー管理術】②:習いごと編

2017-12-29 19:30
  • ファッションやビューティ、自分磨きetc.、将来の自分への投資も含め、何かと支出が多くなりがちなアラサー世代。もちろん、使いたいだけ使うのではお金は貯まっていきません。現在発売中のBAILA1月号にてご紹介中の特集【『金融女子』がリアルに実践するマネー管理術ルポ】では、金融機関に勤める“お金のプロ”なBAILA読者たちの、一歩進んだマネーテクをクローズアップ。メリハリをつけた賢い自己投資術をご紹介します。
  • メリハリ自己投資で、長い目で見て必要なものを探っていく

  • 「自分にとって何が必要な自己投資かは、続けてみないとわからない。外国語習得、資格の勉強、と自分磨きにかける支出がどうしても多くなる」(29歳・外資系金融)など、自分自身にお金をかけられる世代でもあるBAILA読者たち。ただ、今後の結婚資金や老後資金まで、長いスパンで考えると、必要なときに「ある程度の貯金がないと不安...」と考える読者は多いもよう。老後、不安ですよね!!!
    「30代になって、お金は大事に使いたいと思うようになりました。お付き合いの飲み会や、コンビニでの何となく買いはやめた一方で、自分にとっての投資になるなら少々高くてもいいものを手に入れたい」(32歳・銀行勤務)という声も。
    では、BAILA世代のリアルな自己投資術を見てみましょう。
  • 「英会話は月5000円のオンラインレッスン。自分の都合のいい時間にネイティブの先生とオンラインで話せる仕組みです。英会話スクールに通うよりもお得に語学を習得できていると思います」(32歳・銀行勤務)

    月5000円のオンライン英会話の一方、ワインは有名ソムリエが主宰するスクールで、20回で約15万円。「将来的にソムリエの資格を取りたいと考えているので、決して安くはありませんが、仕事の幅を広げる自己投資と考えています」(32歳・銀行勤務)

    「自治体主宰の教室やイベントは超リーズナブル。先生はプロですし、スポーツ施設は新設されたばかりできれいなので、大満足です。こうしたお得な情報は、自治体のサイトや施設の掲示板で見つかります」(26歳・銀行事務)

  • いかがでしたか? バイラ世代は今が貯め時。しっかり資産形成をして将来に備えたいもの。「自己投資のために使うお金もメリハリが必要」と考える金融女子たちを見習いたいですね!
    年末年始の長期休暇は、お金のあれこれを見直す絶好のチャンス! さらに詳しくマネー管理術を知りたい方は、発売中のBAILA1月号をぜひお買い求めください♡ 年末年始にぴったりの華やかファッションを巻頭でドーーーンと大特集中のほか、鏡リュウジ先生監修の「A&B面占いBOOK」と、小田切ヒロさん監修の「Piro's 小顔かっさ」のダブル付録つきで、とってもおトクな号となっています。ぜひ、書店でお手にとってご覧くださいませ♪
原文/村上早苗
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords